栗園・その他

2008年02月24日

長野合宿

安曇野まで行き6時間、帰りはどこを通っても猛吹雪で7時間半。。。
勉強時間は計12時間。
ハードな2日間でした^^;
でも、疲労困憊になってまで車を走らせた価値が大いにありました。

長野でしてきたこと。
「使える土壌診断とするために・・・」と題した勉強合宿に参加するためです。
講師は、東京農業大学土壌研究会副会長の池上洋助先生。
土壌分析歴30年以上の第一人者です。

プログラム内容としては、
一日目(午後1:00〜夕食を挟み〜11:00まで)
☆使える土壌診断とするために最低限度必要な基本事項の解説
 ○土壌調査方法
 ○土壌分析項目の解説
☆土壌診断を基調とした土づくりについて
 ○土壌改良対策
 ○施肥改善対策
 ○堆肥等有機資材の効率的な利用・緑肥
☆土壌診断実例を基にした総合講義
診断例発表者/土肥農園(すいか、多品目野菜)・土肥寛幸氏
二日目(午前9:00〜午後1:30)
☆土壌診断実例を基にした総合講義
診断例発表者/Suki Flower Farm(カーネーション)・鈴木義啓氏

今回は普段、長野になかなか出向くことのできない他県農業者のために開催された集中基礎講義。
尊敬する先輩で親友の土肥さん(今回で会うの5回目^^)に誘ってもらえたことがきっかけの参加です。

僕も今まで地元の公共機関等に依頼して統一土壌診断は3回ほど実施してきました。
しかし、統一基準に合わせた診断結果で施肥や土壌改良資材を投与すること、
その効果をタイムリーに受診できないこと、
分析項目の根拠が分からないこと、
そもそも投与する肥料、資材が適正かどうか・・・
月日を重ねるごとに疑問、危機感が心の奥底に募ってきました。
現状、その方法で栽培できていて、地域的にもそれで一般的だと言われます。
でも、僕自身何よりも焼き栗販売を通して直にお客様と接し、
「来年もこれからも安心で美味しい栗を」と本当に多くの方々に期待を込めた声援を頂けました。
だからこそ、農家として、食の販売者として真のプライドを身に付けるために、
「そうだ、長野に行こう」と必然性を感じました。
池上先生という唯一無二の技術者(しかもご自身も現役農家)、
その方の5年来の門下生である土肥さんや鈴木さんらの話を聞くために。


で、専門的な話はここでは省きますが、
自分にとって一番大きかったのが土に向き合う意識がようやく芽生えたこと。
今まで向き合っていなかったとはっきり言えるぐらい。。。
(今さら? って怒ってこのくだりを読まれる方も多いんだろうなぁ^^;)
直感と興味に任せて栗の樹や果実ばかりを見てきましたが、
その栗を育てている土を健全にする、できる、し続けることの意義を強く感じることができた。
作物は違えど、土肥さんや鈴木さんらの5年間の継続の大切さ、成果、高い向上心を目の当たりにし、
僕と同じ他県から参加の福島や千葉のベテラン花農家さんの意欲的な姿勢に刺激を受けた。

何だろう・・・
寝不足&長時間運転の後の12時間講義なのに本当に楽しかった、勉強が!
能登栗を安心安全で美味しくする可能性を土はどれだけ秘めているんだろうって。
また違う視点の講義を受け、実践していくことでステップアップしていきたいって。
つーか、松尾栗園の土の状態を早く正確に理解したい!

あくまでも今回は基礎知識を頭に叩き込んだだけ。
これから実際に動いて継続する努力をしなければ全く意味はありません。
ターニングポイントだな。。。


池上先生、土肥さん、鈴木さん、日比谷さんはじめ皆々様、
今回も大変お世話になりました。
ありがとうございました!!!


km3921 at 02:03|PermalinkComments(0)

2006年10月29日

めちゃめちゃ恥ずかしかった!!!

本日、10/29(日)AM9:30朝日放送「にっぽん菜発見 そうだ、自然に帰ろう」で松尾栗園が紹介されました。
で、全国放送で終始デレデレしてた松尾です^^;
ご覧いただいた皆様、たくさんの感想ありがとうございます☆

番組のホームページでも少し紹介していただけました^^
概要はこちらでご覧になれます。(2006/10/29 石川県 の欄をクリックしてみてください)
一部、問い合わせもいただいた「栗入り豚の角煮」のレシピも載ってますよ♪
残念ながらこのメニューは“東ちづる”さんが収録時に作っていただいたもので、
松尾栗園では販売しておりません。
いつか、このレシピを参考にみなさんもチャレンジしてみてください♪


km3921 at 21:41|PermalinkComments(8)

2006年09月29日

1ヶ月もたってないのに。。。

17a88969.jpg収穫直前に草刈りしたんだけど、
収穫中も雑草はどんどん伸び続ける。
落ちた栗が見辛くなってきた。(-_-;)
で、昨日からまた草刈り開始!
落下した栗はその日のうちに拾わなければ、
水分が蒸発してしまったり、
害虫が湧いたり、
コオロギに食われたりと極めて生存確率が低くなる。
商品化率上げるため、
養分たっぷりの鮮度を保った状態でお客様に提供するため、
地道な草刈りが最も基本的な仕事です☆


km3921 at 15:16|PermalinkComments(2)

2006年09月26日

収録中です

4f581b7e.jpgこれから食事のシーン。
東ちづるさん、すっげぇ美しい!


km3921 at 18:04|PermalinkComments(4)

2006年09月04日

ついにこの日が!

6f3c0674.jpgや―――っと、
草刈り終わった。
これで無事に収穫を迎えられる。
バイト終わって2週間、
毎日栗園でただ一人。
初めの3日間は消毒。
その後はひたすら草刈り。
孤独、焦り、筋肉痛…
大袈裟だけど自分の中のいろんなものと闘った気がする。
本番はこれからだけど、
とりあえず間に合ってよかった!


km3921 at 18:42|PermalinkComments(3)

2006年08月18日

脱水症状

b9f1f4ee.jpgを起こしていたんだと気付きました。
俺じゃなくて、栗の樹たちのことです。
久々に降った昨晩の雨で、
枝向きがまた上に向かっている!
昨日まではだんだん垂れ下がっていた。
栗の重みかと思い込んでいた自分が情けない。
水分補給のサイン出してたんだね。。。
以後、覚えておきます!


km3921 at 07:55|PermalinkComments(2)

2006年07月26日

成長中!

8eeefabf.jpg遠目からでも栗のイガが確認できるようになってきた☆
しかし、暑いねぇ(@_@)
鳴り止まないセミの大合唱で耳がキンキンする(゜o゜;)


km3921 at 16:28|PermalinkComments(3)

2006年07月22日

雨上がりの後…悪夢

310c7d0b.jpg栗園の一部が崩れ、
隣接する田んぼに土砂災害を侵しています。
田んぼの配水路を完全に塞いでしまって…
大変なことになった。


km3921 at 05:49|PermalinkComments(2)

2006年07月11日

おっきくなってきたよ!

a3c94c22.jpg早生品種の丹沢です。
500円玉サイズぐらいになった( ^_^)/

しかし…とうとう雨降ってきちやったよ。
せっかく今日バイト休みで、
朝から張りきって草刈りしてんのに(` ´)


km3921 at 09:20|PermalinkComments(3)

2006年07月07日

栗の赤ちゃん(^o^)

efc3a9fd.jpg受粉した雌花が、
ちっちゃな栗のイガへと変貌を遂げています!
これから、
大きく元気に育ってくれることでしょう☆


km3921 at 17:29|PermalinkComments(0)

2006年07月03日

蛍! 撮ったどー!

fb0f52f8.jpg今日は大群( ^_^)/
100匹ぐらい飛び交ってる♪


km3921 at 20:47|PermalinkComments(7)

遊び心で

03c79757.jpg去年の秋、
枯れ木の中に栗の実を入れ、
土をかぶせました。
いつの間にか70cmぐらいまで苗が育ってた。雪解けの頃は何もなかったはずなのに。
今さら掘り起こせないし、
このまま育ててみるかな。。。


km3921 at 12:35|PermalinkComments(0)

2006年06月26日

☆ 蛍 ☆

hotaru1
hotaru2
今日はバイト休み。
で、19:30まで栗園に入り浸り。
真っ暗になって帰ろうとすると、
隣の田んぼと栗園の間にある水路で何か光ってる。
蛍だ〜!!! 2匹だけど。
写メ撮ってみたけど遠すぎて何も写らない。
帰宅後、シャワー浴びてご飯食べて洗濯済まして、
懐中電灯とデジカメ持って再度栗園へ。
もういなかった。。。

でも、帰り道。
ふもとの小川にたくさんいました。
暗闇の中、あちこちでピカピカと光を放って!
しばらくその彷徨い続ける光に見惚れ、
それからは撮影に夢中。
でも、不規則な動きなためなかなか撮れない。
諦めて手を差し出してみたら・・・
1匹腕に止まった!
意外と人なつっこい♪
「やっとこの幻想的な光を撮影できる」
「都会の人にも見せてあげたい」と意気込んで、
自分の腕を撮影。

・・・フラッシュたいてしまった!
突然の光と音に蛍も逃げてしまった。

まぁ、いいや。
やっぱりこの光景は実際に自分の目で見ないと。笑
あっ、できれば一人で見ない方がいいですよ。
途中で寂しくなるから^^;




km3921 at 22:55|PermalinkComments(2)

アジサイも満開!

8f0d766c.jpg栗園の周りには色々な花が咲き誇っています。
トイレの芳香剤の臭いがする。


km3921 at 18:11|PermalinkComments(2)

2006年06月19日

崖の草刈り

da050053.jpg斜めに立てる人になりたい!
今日は切実にそう思う。


km3921 at 16:05|PermalinkComments(3)

2006年06月15日

草を刈った後を振り返ると…

d5c6be98.jpg全長100mのバージンロードが出来上がっておりました!

…すみません。
徹夜明けでテンションおかしいんです(=_=)


km3921 at 08:28|PermalinkComments(2)

雨が降るって

f7bfc817.jpg石川テレビのお天気姉さんが言うから、
朝から草刈りしてます。
メガネの上に飛散防止の保護メガネを着用。
実は見辛い!
汗かいてくるとクモる!
結局、保護メガネはすぐ外す。


km3921 at 07:07|PermalinkComments(2)

2006年06月12日

草刈り

276003c2.jpg改めて思うけど、
草刈りってすげぇ嬉しくなる仕事!
毎日少しずつ園内がスッキリしていく。
株元がキレイになって栗の樹も喜んでくれてる♪
それだけで充分報われる!
刈った草も肥料となって土に還っていくし。
何かひとりだけスッキリした気分味わうのもったいないな…。
誰か手伝いに来ない? 笑

km3921 at 18:58|PermalinkComments(2)

2006年06月08日

来週明けに

d461bc2a.jpg新しいモデムが届きます。
コメント頂いてる方には、長らくお返事できず本当に申し訳ありません。
たぶんモデム交換すればネット復活できるようなので、もう少しお待ちください。

その間も栗たちは成長し、もーすぐ開花しそうです☆
俺も、やっと枝の片付けが一段落。
バイト先の奥様方に手作り家庭料理を分けて頂いたりして、体調も戻ってきました♪
明日から草刈り開始します!

km3921 at 18:39|PermalinkComments(3)

2006年06月01日

梅の樹

2e67287b.jpgいつの間にか大粒な実がたくさん!
百個ぐらいあるんじゃないかな。。。
草刈り終わったら収穫してみよ。
梅シロップを作ってみたい♪

km3921 at 12:39|PermalinkComments(4)

2006年05月22日

最近の作業

88d95642.jpg道具はなし。体ひとつ。
穿定で切り落とした枝を各焼却場所へ拾い集める。
早くこの作業終えて、梅雨入り前に草刈りしないといけない。
今、栗の樹たちが一番してほしいことは草刈り。
園内の各種雑草が育ち過ぎて養分が吸い取られてしまうから。
また、刈った草はいずれ土に返り有機肥料にもなる。
この栗園はそういった草生栽培で約25年育まれてきた。
まさに自然の賜なんだと思う。
急げ、俺!!!
3日もさぼった遅れと、栗たちの信頼を取り戻さねば☆


km3921 at 12:45|PermalinkComments(2)

2006年05月18日

土砂崩れで

18eb8a83.jpg栗の樹の根っこがむきだし!
一本一本の根っこが人の腕ぐらいの太さ!
倒れないのも納得!
でも、梅雨時の豪雨に耐えれんのかな…。

km3921 at 12:30|PermalinkComments(4)

緑鮮やかな

a9ccf1ed.jpg栗の樹たち。
今日もがんばって生きてくれています!
本当にありがたい!!!
専業で栽培されている方々に比べて、
俺は栗園に通う日数も時間も投資も少ない。
栽培方法も試行錯誤しながら…
何かと劣る部分もきっとある。
実は困っているのに助けてやれていないのかもしれない。
でも、毎日必死に明るく生き続けてくれている。
樹たちは何も言わないけど、
俺は無償の愛を与えてもらってるのだと思う。。。

今日は9日ぶりのバイト休み!
日が暮れるまで、ここで一緒に過ごそう!!!


km3921 at 07:22|PermalinkComments(3)

2006年05月03日

ついに産まれたぜ!

6a56021c.jpgちっちゃな葉っぱ☆


km3921 at 07:54|PermalinkComments(5)

2006年04月26日

アドバイザー

日記の前に。。。
いつもコメントありがとうございます。
そして、いつもお返事遅れまくってごめんなさい!!!
最近PC開かない日が続いてます。
しばらくバイトと栗園入り浸り
→家には寝に帰るだけという日が続きそうで。
落ち着いたら、
生活サイクルの中にブログします。
みなさんのとこにももっと遊び行きます。
今はあまりコメント残せないかもしれませんが、
たまにまとめて読みに行くのホントに楽しみにしてます。
せっかく来て頂いてるのに、
時間の作り方ヘタで怠慢で。。。すみません。

・・・日記書きますね。
昨日の出来事です。
松尾栗園に久々の来訪者でした。
農業総合研究所奥能登分場と
奥能登農林事務所から2名ずつ計4名。
能登栗の専門家さんたちです。
先日、土壌検査を依頼した件と視察ということで。
結局、ph数(土壌酸度)だけの検査でした。
詳しい成分分析は年1回秋にしか行ってくれないとのことで。。。
今回は5箇所の土を見てもらい、
ほとんどが栗の生育に適しているph数5.0〜6.0の結果。
まずは一安心でした♪
肥料に関しては、
基本的に今年は思い切った若返り剪定をしているので、
かえって肥料をやりすぎると過剰な成長促進になると。
大部分は草生栽培+無化成肥料で秋の収穫を迎えても問題ないだろうとのアドバイスをいただきました。
(収穫後の堆肥撒きは必須)
ただし、高齢で樹勢の弱いエリアと確実な収量を得るための強化エリアで部分的に若干の化成肥料の使用を勧められました。
どのような肥料を選び施したらいいのか、
今週末に一緒にホームセンターへ買い物に行っていただくことになりました。
ご親切にありがたいことです!

km3921 at 05:40|PermalinkComments(5)

2006年04月25日

枯れ木の中は

a3aa93fa.jpg空洞だった…。
虫に食われたんだろうなぁ。
樹液の通り道がないんだから、
生きられるはずがない。
傷口や切口は早めに塞いであげないと、
こういうことになる!

…やることいっぱい。
もっと急げ、俺!

km3921 at 16:54|PermalinkComments(5)

2006年04月24日

栗の芽

791dd61f.jpg緑がかってきた!
そろそろ葉っぱが生まれて、
光合成を始めそうだ☆
穿定も…ようやく終わりが見えてきた。
終わったら…
ひたすら寝たい!!!

km3921 at 14:55|PermalinkComments(4)

2006年04月18日

ドキドキ…検査入院

da381e44.jpg石川県農業試験場能登分場に来ています!
今日は、松尾栗園としては初の土壌採取&成分検査。
結果は明日分かるそうです。

km3921 at 14:46|PermalinkComments(3)

2006年03月31日

初体験!!!

hukinotou
みなさんが羨ましがっていたので、
作業後にフキノトウ採取してみました♪
暗闇の中で30個ぐらい。
tenpura
生まれて初めて自分で天ぷら作ってみた^^











dekiagari
うまく出来た☆
つーか、美味いぞ〜コレ!!!
とろーっとした甘みの後から苦みがやってくる。
ひとりで食べてるのもったいなくなってきた。笑

来年は絶対に収穫して世の中に出そう☆
バイト先の人たちも「フキノトウは能登の隠れた名産なんだよ」って言ってたし。
自然の恵みって面白いね♪
感謝、感謝^^

km3921 at 23:13|PermalinkComments(5)

2006年03月20日

松尾フキノトウ園…

3dea3481.jpg今週中には溶けるかな。雪。
しかし、この栗園はフキノトウだらけ。
栗より多い気がする!

km3921 at 15:56|PermalinkComments(13)

2006年03月07日

雪融け間近

48a6e844.jpg今週からカンジキ外して作業してます☆

km3921 at 08:49|PermalinkComments(2)

2006年01月30日

青空を運んできたお客様♪

a我が松尾栗園に俺以外の足跡!
手前の四角いのはカンジキ。間違いなく俺です。
その先の靴跡は・・・長野県からのお客様Hさんです!!
一昨日から昨日にかけての2日間、長野から車で往復20時間近くもかけて我が家&栗園を訪ねて来てくれたんですよ。

Hさんは農業の世界に入られて3年。独立2年目のすいか農家さん。新人とはいえ1年目から専業農家として生計を成り立てていらっしゃいます。
俺は今年初めて独立、ひとりで栽培&収穫をします。
そんな不安だらけの俺にとって、ネットを通じて出会った新規就農者の大先輩・Hさんは「今、一番会いたい人」でした。
本来なら自分から出向くべきなのに・・・お言葉に甘えちゃいました。^^;

hisseki土曜日のお昼過ぎに初対面。積雪1m以上の栗園を見ていただいた後、極寒の我が家へ。
で、左写真がHさんによる講座の筆跡です。主に「土づくり」に関して、化学式を用いて成分分析等を説明していただいた。正直、一度聞いて内容を説明できるほど俺は理解できていません(>0<;)
自分で“その時点の土の状態”と“土が要求している養分”を理解できるようになることの重要性をアドバイスしていただきました。
例えば、「各農場や場所ごとに土のCEC(陽イオン交換(塩基置換)容量) がまったく違うのだから、、マニュアルの基準施肥料を目安にするべきでない」とか。土に限らず、有機肥料と化学肥料の違い、農薬に対する考え方などあらゆるアドバイスをいただいた。ここぞとばかりに、自分も普段から抱えている疑問を投げ続けたりして。
Hさんも新人農家さんとして日々勉強しながら作業に取り組まれている。その貴重な体験話にはとにかく惹き込まれた。
正直、勉強、栽培方法に関してやりたいことが募る一方。でも、自分には資金面で限度がある。その焦りに対して「松尾さんの場合はあまり焦らない方がいい」と言ってくれたこと。この一言にはマジで救わた! 最近、ひとりで考え込みすぎて・・・どうしようもない焦燥感でほとんど寝れていなかったから。

umaru2で、昨日。久しぶりのあ・お・ぞ・ら だ〜!!

底冷えする我が家にお泊りいただいたHさんをお見送りした後、午前中から夕暮れまで栗園入り浸り! まずは3時間かけて栗園を一周&栗の樹の救出作業(写真のように、枝が雪中に埋まってるものを引っ張り出す)。

umaru3ただ、枝が溶けてく雪に引っ張られて折れてしまう・・・いわゆる雪害も少し発見。

積雪による重みより、融雪の方が枝折れ被害多いんです。これは、頻繁に見回りして救出作業を続けるしか手の打ちようがない(>0<)


 

で、午後からは剪定&クリシギゾウムシ退治に精を出しました。久々の終日農作業は気持ちよかった! でも、ぶっ続けのバイトはちょっと疲れた(^_^;)



km3921 at 06:43|PermalinkComments(5)

2006年01月05日

すべては“秋”のために!

冬休み限定でバイトに来ている高校生(3年♂)と仲良くなった。

彼は4月から金沢の美容学校に通う。ど田舎から街に出れることが嬉しいようだ。そんな彼からしたら、東京の出版社というモテル?世界から絶対にモテないど田舎のひとり農家を選んだ俺がとても理解できないらしい。「えぇっ、農家! めちゃダサいっすね〜。それってヤバくないですか?」って。笑 

ここの若い人はほとんど高校、大学から金沢や他県に旅立つ。だから、高校生の彼にも身近に話せる先輩がいない。ということもあって、一回り以上離れている俺に毎日いろいろな質問を浴びせてくる。「今まで何人と付き合いました? 合コン行ってます? 好きなタイプは? 浮気したことは? 結婚しようと思ったことは?」などなど。

・・・数年前を思い出して、記憶で答えている。笑

正直羨ましい(^_^)、希望だらけの高校生。

できることなら戻りたい。けど、また30過ぎたら果樹農家を選ぶ気がする。

とにかく今年は、モテなくても無事に“いい”栗を育てることができたらそれでいい・・・と思う。笑



km3921 at 00:43|PermalinkComments(3)

2005年12月21日

栗園に・・・

たどり着けない!!!

朝からチャレンジに行ってみたけど、積雪の坂道に行く手を阻まれ断念。

今日の能登地方は降水(雪)確率100%だし・・・諦めも肝心。

で、今まで死人のように爆睡。何も覚えてない。



km3921 at 22:32|PermalinkComments(2)

2005年11月29日

資金作り

午前中、奥能登農林総合事務所へ行ってきました。今後の農業生活についての相談をするためです。果樹担当、野菜担当、町野エリア担当の3名の普及員さんがお相手していただけました。

前回同様、1.5haの栗園だけではとても生計を立てられないよという指摘から始まりました。栗は、果樹の中で最もと言っていいいぐらい農業所得の低い作物。 よって、栗を諦めて施設野菜(ホウレンソウ、小松菜、インゲンなどJA町野町で栽培実績の良好な作物)の研修から始めてみては? どうしても栗を手放したくないなら、あくまでも栗は副業として本業に施設野菜か、農業以外の仕事で生計を立てるべきだとの結論でした。

奥能登で獲れるあらゆる農作物の農業所得一覧表を見ると確かに納得。栗は単価が安い上に年1回だけの収穫なので、必然的に所得も低い。おっしゃることはマジ正論です。

でも、やっぱり栗は諦められないんすよ、俺。今年より上質で出荷量も倍以上増やしたい一心で、今の栗園再生にのめり込んで仕事してるし。それをより多くの人に食べてもらいたいって夢見てて。HP立ち上げて、少なくても応援してくれる人たちもできて。

だから、栗は続ける。それ以外の仕事も見つける。近場で農作業の雇用があればベストだけど・・・冬場はないだろうな〜。週3回ぐらい今のバイトを日中も入るとか、他にスーパー、ホームセンター、土方、漁師の陸仕事とか。とにかく、今は資金が必要! それだけははっきりしてるから働きます!!!



km3921 at 16:18|PermalinkComments(3)

2005年11月18日

自営農家への道

1bf05855.

能登空港内にある農林総合事務所で打ち合わせ。

今後の独立及び就農認定を受けるに当たって、農業振興部の普及員の方々にお話を聞いてきました。

現実は・・・やはり資金足らずの俺には厳しい内容。実際に今のままの栗園の収入だけではとても生計が立てられないので。そこでバイトを始めたわけなのですが(昨日から基本労働時間を週6日・18:00〜23:00に延長してもらった)、もっと農業収入を増やさないことには資金&資材支援も受けられないとのこと。ということで、他で近隣に農地を(なるべく格安で)使わせてもらえるところがないか? あれば、栗以外でなるべく早期収入が見込める露地野菜などの栽培を始めてはどうか? その方法を探しつつ、就農計画書を立案していきましょうといった話にたどり着いた。

その後、川原農産社長とも話し合い。ひとつだけ嬉しいことが。栗園の地主さんは直接、俺に無償貸し出ししてもいいとの意思が確認できたこと。つまり、川原農産から離れて個人契約するということ。社長も、俺に独立してやっていく意思があるなら許可していただける方向であること。

見通し厳しいのは充分認識できたけど、やっぱり諦めるという気持ちにはなれない。地主さん、川原農産さんのご恩に報いたいし、期待に応える成果を創り出していきたい。今、毎日やっている栗の剪定だって、絶対に良質の栗に育てたい一心で続けていることだし。

とにかく、今は自力で農業収入を上げていく可能性を追求する。せっかく普及員の方々も協力していただけることだし、しばらく農林総合事務所に通って就農計画を練っていくことに決めました。

何とかする!

 

あっ、今日バイト早出だった。行ってきます!

 



km3921 at 16:54|PermalinkComments(3)

2005年08月31日

スーパーおばあちゃん’Z

d69d60c6.jpg

川原家のおばあちゃんと親戚のおばあちゃん(おじいちゃんのお姉さん)二人に囲まれて栗園の草刈り。俺は肩掛け用の草刈り機を使ってますが、おばあちゃん’Zは鎌で手作業。1日中腰を屈めて、機械に負けないスピードで。山道歩くだけでも足ガクガクになるのに。

それでも俺には笑顔で休憩を勧めるんだから、ホント頭が下がります。

そして、18:00過ぎに川原家へ戻るとお母さんが「ご苦労様でしたね。良かったら先にお風呂入って、ゆっくり休んでくだ」ってこちらも素敵な笑顔。ちなみに、お父さん、伸ちゃんともに仕事終わったのは21:00過ぎ。お母さんはそれから家事が・・・。でも、怒ったり不機嫌な様子を全く見たことがありません。

人として心から尊敬します! 

怒ることは基本的に人を嫌な(暗い)気分にさせる。時には精神的に深く傷つけます。だから、自分も怒りを覚えたときに「人を嫌な気分にさせなきゃならないほどの事?」って自問自答するよう心がけてるつもり。同じ事を言われたり、見たり、されたりしても笑顔で応対できる人とすぐ感情的に怒る人。いつも前者の方でありたいな。

そういう意味でも農家の職場環境は大好き! 

楽しい気持ちで仕事させてくれます 

 

 



km3921 at 21:49|PermalinkComments(3)

2005年08月18日

頼む! 元気に育ってくれ!

栗園にサプリメント初体験!糞、尿成分を含んだ粉剤を撒くんです。それが雨で溶けて、土壌に栄養を与えるそうで。だからホント気合が入った。というか、俺、農業楽しい!1年に1度の収穫しかないから、何するにもすげぇドキドキワクワク(死語だよね?)する。だからこそ、知識も技術もプロにならないと、質も量も満足できる作物育てられないと実感してきた。今までと違って、従業員としての転職ではなく、今は自立経営を現実として目指してる立場。やらされてる感は全くなく、自発的に仕事に臨めているんじゃないかな?川原家のみなさんも、初心者に対してイライラせず、思い通りにならなくても怒らずに接してくれます。それが一番嬉しい。俺、理不尽に怒られたり強要されるのがホント苦手で・・・。 早速、昼から恵みの雨!元気になってくれよ、栗の木たち!

km3921 at 21:21|PermalinkComments(1)

2005年08月07日

新居!!

今日は1日中栗園の草刈り!!暑くて・・・のぼせた〜。

3ℓぐらい水飲んで、同じぐらい汗かいた。午後からは社長も合流して、だいぶ終わりが見えてきました。

業務終了後、これから俺が住ませてもらえる麦生野地区の研修施設に行ってきました。川原農産のお母さん、おばあちゃん、親類の方が一生懸命掃除をしていただいて、かなりキレイでした!

2F建ての一軒家。古き良き日本の伝統家屋です。一人で住むのがもったいないくらい、ホント趣きあります。愛知、東京の家族や友達も遊びに来てほしいなぁ。

おばあちゃんには、「これから誰かねえちゃんひっかけて、一緒に住めばいいよ!」って言われちゃいました。

ご心配ありがとうございます。

いつか頑張ります。



km3921 at 21:56|PermalinkComments(0)