栗を食べる

2007年10月12日

日本橋、東京駅界隈のみなさま〜

くりはちさんでの能登栗の販売、
玉川高島屋からの予定でしたが、
フライングで15日(月)の丸ビル最終日に出ることが決まりました!
午後から6キロ、夕方18:00から10キロだけの限定販売です。
早いもの勝ちですよー。笑

で、今、くりはちさんからTEL入りまして・・・
能登栗のテスト焼き結果、きめ細かい甘みでバッチリ美味しいですだって^^/
無事に商品化決定です☆
ダメだ! 嬉しくてほっとして泣きそう!!!

・・・まだ売れてないのに・・・早とちりで興奮してすみません^^;

二子玉川より東京駅の方が都合のいいという方、
ぜひぜひ15日の午後から丸ビルへ寄ってみてください^^


km3921 at 20:03|PermalinkComments(3)

2007年10月10日

大変、大変お待たせいたしました!!!

収穫真っ只中ではありますが、
来週から「松尾栗園 能登の焼き栗」屋台販売スタートします!!!

出店スケジュールはこちらでご確認お願いします^^

収穫終わるや否や即販売開始。
初の県外進出(長野遠征)も含めほとんど休みません^^
去年同様に輪島市、穴水町を拠点としつつ、
今年から七尾市にも進出することが決まりました☆
我ながら超ハードスケジュールを組んでる気もしていますが、
呼んでいただけるうちが華!
楽しみに待っていただける方々の声も本当に本当にありがたくて、
もう勢いだけでスケジュール確定させちゃいました♪

さて、能登栗収穫もラストスパートに入ります。
毎日拾う1個1個が、
自分自身にもお客様にも「ささやかな幸せ」をもたらしてくれればいいなぁと思っています。
明日もがんばろ、栗拾い!


あっ、通販については・・・屋台販売をやりながら、
様々な品質保持テストを繰り返します。
今月下旬には予約受付開始&詳細情報を更新する予定です。
ご案内が遅れて大変申し訳ございませんが、
今しばらくお待ちくださいませ。



km3921 at 22:37|PermalinkComments(3)

2007年09月30日

首都圏の栗ファンの皆様へ

いよいよ明日から、
くりはちさんの焼き栗販売スタートです!!!
スケジュール、商品ラインナップ等の詳細はこちらをご覧ください。

http://www.kurihati.com/index.html

松尾栗園の能登栗も少数ではありますが参加しますよ〜☆
能登は他県より収穫時期が遅いこともあり、
玉川高島屋からのデビューになりそうとのことです。
去年から人気の茨城、四万十、伊勢、山形に今話題の宮崎、今年は兵庫と長野も本格参戦。
どの栗も、くりはちさんのキビシ〜い審査基準をクリアした安心・安全・美味の国産栗です。
いろいろ食べ比べてみてください^^

思い出したら、俺も食べに行きたくなってきた〜!


km3921 at 22:06|PermalinkComments(3)

2007年09月25日

お帰り〜^^

marongurasseyasaimamaさんにご購入いただいた生栗が、
何と我が家に里帰りしてきました♪
銀紙と可愛いリボンに包まれたその中身は、
めっちゃくちゃ風味豊かで甘〜いマロングラッセ!!!
(初めて食べたけど、これを商品化したらヒット間違いありません^^)
さらに、野菜(ピクルス)の漬物、生姜と牛肉の佃煮といった手作り保存食まで。
さらにさらに、追加ご注文付きの手書き応援メッセージも!
生産者としてこんな嬉しいことはありません。
yasaimamaさん、本当にありがとうございます☆

yasaimamaさんのブログもぜひ読んでみてください♪

最近、頂き物ばかりで本当に助かっています。
(決して物乞いしたつもりはないんですけどね^^;)
バイトは辞めたけど、サークルKのスタッフさんから毎週のように手作りおかずの差し入れを頂き、
近所のおばあちゃんから野菜を頂き、
友人たちから高級レトルト、そば等々。
形あるモノに限らず、たくさんの励ましコメント!

ありがとうございます!!!

田舎では珍しい男の一人暮らし・・・もう寂しいなんて口にしちゃいけない。笑
俺は人の優しさにものすっごい恵まれている。
だから、がんばります!!!

km3921 at 22:26|PermalinkComments(2)

2007年09月04日

バカ正直な仕事をしよう

って、独立した時、商売を始める時に自分に誓いました。
僕は不二家、ミートホープ、石屋製菓みたいな加工食品を製造する組織じゃない。
組織を守るため、
製造工程や賞味期限なんて消費者に気付かれない、
美味しければいい・・・
そんなごまかしの仕事をすればお客様も自分も苦しむの分かってます。
僕は売人である前に農家です。
一年一緒に過ごしてきた栗たちをも裏切ったら農家失格です。

去年、屋台、通販でお買い上げいただいたそのすべてのお客様と接しました。
そこで強く実感したのが、
美味しさだけじゃなく「体にいいもの、栄養あるもの」を求めている方が本当にたくさんいらっしゃったこと。
添加物や調味料で味を揃えた加工品ではなく、安全な生の自然食品だからということで、
「おじいちゃん、おばあちゃんにも食べさせたい」
「子供たちのおやつもたまには栄養あるものをね」といったリピートも多かった。
本当に幸せだったけど、それ以上に怖さや責任を感じました。
実際に失敗(不良品混在)もして・・・今でも罪悪感が消えません。

・・・なんで、こんな話を長々と書いたかというと・・・
最近、今年の栗の味(甘さ)が気になって怖くなって仕方がないんです。

栗は光合成によって葉で糖をつくり、
それを実でデンプンとして貯蔵します。
そのため、太陽の当たり具合によって、実に含まれる糖度が異なります。
そして、ここ10日ぐらい能登は曇りや雨ばかり。。。
(去年はひたすら快晴続きだったんです)
暑いのは変わらないので積算温度で間もなく収穫は始まってします。
頼む、思いっきり晴れてくれ〜!!!

km3921 at 20:47|PermalinkComments(2)

2006年10月29日

めちゃめちゃ恥ずかしかった!!!

本日、10/29(日)AM9:30朝日放送「にっぽん菜発見 そうだ、自然に帰ろう」で松尾栗園が紹介されました。
で、全国放送で終始デレデレしてた松尾です^^;
ご覧いただいた皆様、たくさんの感想ありがとうございます☆

番組のホームページでも少し紹介していただけました^^
概要はこちらでご覧になれます。(2006/10/29 石川県 の欄をクリックしてみてください)
一部、問い合わせもいただいた「栗入り豚の角煮」のレシピも載ってますよ♪
残念ながらこのメニューは“東ちづる”さんが収録時に作っていただいたもので、
松尾栗園では販売しておりません。
いつか、このレシピを参考にみなさんもチャレンジしてみてください♪


km3921 at 21:41|PermalinkComments(8)

2006年10月01日

くりはちさんより販売初日の反応が届きました。

「本日高島屋初日。。。。
日曜日とゆうこともありますがお陰さまで絶好調です。
電話での問い合わせも殺到しております。
能登栗はアットゆーまに売り切れましたよ^^
大好評です。有難うございました^^
在庫が少ないのがちょっと残念でした;;
そちら(能登)での販売、自身を持って売る事が出来ると思いますよ」

ヨッシャー!!!

あっ、そうだ。
東京近郊のみなさまへ。
もし、くりはちさんの催事で購入していただけるという方。
「松尾の友だちです」って言ってくださいね。
増量サービスしてくれるそうです^^

km3921 at 23:00|PermalinkComments(4)

2006年09月29日

やった〜!!!(ちょっと興奮気味)

昨日、初出荷した能登栗が本日“くりはち”さんに届きました。
今回お送りしたのは9/13までに収穫した松尾栗園の分と、
(有)川原農産さんから仕入れさせていただいた分。
2週間、松尾栗園の業務用冷蔵庫で熟成させたものです。
で、夕方くりはちさんから携帯に着信アリ。
(草刈り機の振動と音で2時間ぐらい気付いてなかった。。。)
「間違いなく栗の感想だ! いや、苦情かも・・・」
ドキドキしながら慌てて折り返しTEL。

くりはちさん「栗、試作用に早速焼いて食べてみましたよ」
俺「はい・・・ど、どぉでしょぉ・・・」
くりはちさん「ほっんとに美味しい〜! 甘みが凝縮されてて濃厚な栗の味ですよ! 素晴らしいじゃない、能登栗!」
俺「ホントですかー??? つ、使えますか?」
くりはちさん「もちろんですよ。 明後日の販売から早速並べますね〜」
俺「よかったぁ〜!!!」

ついに、能登栗の焼き栗デビューです!!!

<<くりはち・催事情報>>
●10月1日〜1ヶ月間/玉川高島屋地下でのテスト販売(売れ行き次第でロングラン出店に)
●11月1日〜15日まで/丸ビルB1Fフードコート
●11月7日〜大晦日/銀座三越
●12月18日〜24日/ナショナル麻布
●12月28日〜31日/ナショナル田園
※くりはちURL
http://www.kurihati.com/


※僕自身が地元で屋台販売する“松尾栗園の焼き栗”は11月までお待ちくださいね。
今、収穫してますので^^;

5月に能登までお越しいただいて知り合ったくりはちさん。
能登だけじゃなく、北は山形から南は九州の宮崎・熊本まで、
安心で美味しい栗農家さんを探し求めて日本国中を行脚しています。
これだけあらゆる国産栗の種類、味を知っている人たちは他にいないと思います。
産地だけじゃありません。本当に美味しいものを厳選されているんです。

5月の話し合いでも、まず松尾栗園の安全度を確認しあいました。
無勳蒸であること、使用している化学肥料、農薬の種類、
それを規定の1/3以下に抑えていることを書面で説明し、
まずは書類審査をパス。
「ただ、すぐに契約してくださいとは言えません。
 やっぱり焼き栗にした時の味を知らないことには。。。
 去年発注した○○県の栗は甘みが少なくて今年はお断りした例もあるのです」
ということで、今日が本当の最終選考でもあったのです。
そして今日の電話の最後に、
「私たちくりはちも今年はホントに勝負の年だと思ってがんばります。
松尾さん、これからもこの栗をもっともっと作り続けてくださいね。
川原さんの栗ももっとたくさん仕入れていただきたいです。
来年はこの能登栗を今年の何倍も買わせていただきたいですから!」
と、もう最高の合格通知でした。

一番大事なことは・・・お客様の反応。
まだ喜ぶのは早いね^^;

km3921 at 22:27|PermalinkComments(7)

2006年09月16日

神様〜

898ebb9d.jpgやっと晩飯が食べれるぞー!
もうすぐ朝だけど(~_~;)
今日は、栗園の近所の農家さんから頂いた栗ご飯。
もちろん、栗は俺が差し入れしたものです☆
飯作る時間なかったから助かるなぁ。
これだけ忙しくなってくれてホントよかった〜。
神様ありがとう!!!
感謝しています。
だから、お願い。
台風直撃だけはやめてください(;_;)

…おぉっ、栗ご飯うまいぞー(^.^)


km3921 at 03:34|PermalinkComments(2)

2006年08月12日

“焼き栗”との出会い

“焼き栗”との出会い。
東京で焼き栗販売業をされている「くりはち」さんとの出会いがもたらしてくれたものです。

5月のGW明け、代表者2名が能登までお越しいただきました。
「くりはち」さんの焼き栗はすべて国産。すべて無勳蒸(農薬を浸していない)。
茨城、四万十、丹波、小布施など日本各地でより安全、美味しさにこだわった栗生産者とお取引をされています。
その「くりはち」さんが私のホームページを見つけていただき、
一泊二日で松尾栗園まで来園。
初日は栗園視察とお泊りされた旅館で今秋のお取引の可能性をお話。
そして、二日目。
せっかく遠方より来ていただいたので能登の地物でもと輪島朝市をご案内。
そこで、
「松尾さん、ココで自分の栗売ったら? 集客力もあっていい場所ですよ。
 仕入れ値掛からないんだし、私たちに出荷するより利益出るはず」とのご進言。
本来、くりはちさんはこのようなことを農家にお勧めしないでしょう。
私が自分で売ってしまえば、くりはちさんに出荷できる栗の量が減ってしまうし。
それでも、
「今はご自分の地盤を固めることを優先してください。
 数年経って収穫量が増えたら半分ぐらいは私たちに売ってくださいね。笑」と。

…1ヶ月以上悩みました。
生栗として全量出荷すれば少しはまとまった金額にはなる。
でも、とても生計は立てられない。
経費を差し引けば赤字になるかもしれない。
今の松尾栗園の収穫量が、樹の数が少なすぎるから。
今200本ほどしかない樹を400本近くには増やしたいし、そのスペースだってある。
そのためには資金も時間ももっと必要。
そこで出てきた“焼き栗販売”の話。
全量売れたら利益は生栗出荷の倍以上。
でも、売れる???
各設備費にかかる先行投資の額も大きいし。。。
回収できる???

結局、“焼き栗”の可能性を信じて突き進むことに決めました。
数回、朝市やいろいろなスーパー、駅前などに足を運んでお客様の流れを見て、
この3ヶ所(輪島朝市、ワイプラザ輪島店、どんたく穴水店)なら屋台販売の可能性があると思えたこと。
ダメもとでその3ヶ所に営業に行って、すべて決まったこと。
“焼き栗”が無勳蒸の安全な栗にこそ適した食べ方だと認識できたこと。
何より、くりはちさんという素晴らしいアドバイザーが応援してくれること!

僕は今秋の収穫がすべて終わったら、
1週間〜10日ほど東京のくりはちさんの所へ技術研修に行きます。
栗の皮に切れ目を入れることから、圧力式焼き栗釜の使用法、貯蔵、店頭での実演販売…みっちりとそのノウハウを習得してきます。
それなのに、くりはちさんはその研修料、フランチャイズ契約も必要ないと言ってくださいました。
これだけの恩に報いるためにも、本気で“焼き栗販売”頑張ろうと思っています。
その前に公約通り「安全で美味しい栗作り」も継続してできるように!

しばらくは、店頭販売のみの予定です。
もし、順調に売り上げがあって、
予算に余裕ができれば真空パックの機械も購入したいです。
で、限定で発送による通販も行いたいと考えています。
今、くりはちさんが食品衛生機関を通して賞味期限のテストを実施されており、
そちらのアドバイスも頂きながら。


最後に、告知です!!!

<<くりはち・催事情報>>
●10月1日〜1ヶ月間/玉川高島屋地下でのテスト販売(売れ行き次第でロングラン出店に)
●11月1日〜15日まで/丸ビルB1Fフードコート
●12月はナショナル麻布・ナショナル田園での交互出店が大晦日まで続きます。
※途中銀座三越での催事出展も予定。

どこかで“松尾栗園の能登栗”も入りますよ!
10月末は僕も店頭に立たせてもらいます。
東京近郊のみなさん、ぜひぜひ冷やかしに来てください^^

km3921 at 09:50|PermalinkComments(4)

2006年08月09日

2006年度・松尾栗園の能登栗販売について

松尾栗園の2006年度収穫の能登栗はすべて“焼き栗”として店頭販売します。

農協さんや卸業者さん、販売店さんへの出荷はほとんどしません。
自分で在庫を抱え、自分の手で売ることに決めました。
すでに地元の信用金庫からの融資を受け、
業務用大型冷蔵庫、圧力式焼き栗釜、組み立て式屋台などの設備投資を始めております。
販売開始は11月からを予定しております。

なぜ11月? なぜ焼き栗?

確かに収穫は9月初旬から始まりますが、
国産生栗は約1〜2ヶ月間冷温貯蔵することでデンプンが熟成糖化していきます。
収穫直後に比べて糖度が3倍も上がると言われています。
有名な中国産「天津甘栗」よりもずっとずっと甘くなるんですって。

そして、その甘みが増した生栗を圧力式焼き栗釜で焼き上げます。
調味料、添加物は一切入れません。
栗自体の水分だけで加熱するので、甘みを逃さず芯までホクホクに香ばしく仕上がります。
さらに釜の熱で表面を焼くため、渋皮まで剥きやすくなります。
何より、圧力式焼き栗釜で焼く場合、
農薬を過剰に使用していたり、燻蒸処理(栗を直接農薬に浸す)をしていると
非常に薬品臭い匂いが漂ってしまいます。
当栗園の栽培方針はど田舎の自然の恵みを活かした自然流果樹栽培。
農薬・化学肥料の使用は慣行栽培の1/3以下に抑えております。つまり、自分が育てた栗たちを、
皆様に一番美味しく安心に適正価格で食べていただける方法が“焼き栗”だと信じて決めました。


どこで売るの?

☆ 輪島朝市
☆ ワイプラザ輪島店(入り口)
☆ どんたく穴水店(入り口)


の3ヶ所で、すべて私自身が責任持って屋台販売いたします。
試食品も提供しますので、お近くにお越しの際はぜひ冷やかしに来てください。^^
販売スケジュールは随時ホームページまたはブログ上でご報告させていただきます。


・・・長くなってしまったので、
こう決めたいきさつ、焼き栗の技術はどう覚えるの? 
他県での販売予定はないの? といった話はまた後日。。。


km3921 at 01:25|PermalinkComments(7)

2005年12月23日

バイト先で買ったジュース。

97470290.jpg

メロンソーダ風味という名の乳酸菌飲料。
確かにメロンソーダの味がする。無炭酸だけど。
当たり前だけど栄養成分表記もある。
栄養がありそうだというよりは「風味」を試してみたくて買っちゃうタイプだと思う。
俺、農家になったからと言って、こういう商品を否定するつもりは全くありません。実際、毎日1本、休憩時間にジュース買ってるし。夜食もバイト先のもの。
たまに街に行けば、マックやファミレスに入りたくて仕方ない。それで体調崩した覚えもなく、むしろそれで大人になった(体だけ)。笑


ただ、ひとつだけ自分に誓いたい。
自分で栽培、販売する作物をしっかり説明できること!
特に安全性については。
生産者の自分が理解できてないものを売って、
たとえお客様が満足していただけても・・・素直に喜べるわけがない。


それが農家をやっていく上での最初の一歩と思ってたのに、
実は、まだ絶対安全な“栗”作りについて説明できるレベルに程遠い。ふと、この5ヶ月を振り返ってちょっと自己嫌悪になってきた。
・・・来年、どこかに勉強に行こう! 納得できるまで。本やネットは情報が錯乱してるし、それで強引に納得するわけにもいかない。



km3921 at 06:12|PermalinkComments(4)

2005年10月08日

保存食作り開始

4efff735.jpg栗、約200個を7回に分けて塩茹で。今、ひたすら皮剥き中。1時間でまだ21個。もう止めたい。何日か要するな、コレは。

km3921 at 23:08|PermalinkComments(0)

2005年09月22日

栗の味、どうかな?

激しい雨のなか今日も栗拾い。しかし、収穫数は激減。いつもの1/3ぐらい。理由はここんとこ曇り勝ちで日光が当たってないから。あと、早生品種の“丹沢”が落ち尽くして、晩生の“筑波”がまだ落ちてない谷間の時期でもあるから。明日も雨。量は期待できないな〜。

でも、東京への差し入れが無事届いてよかった。みんなの口に合うといいな。現実を受け止めますんで、正直な感想待ってます。

 



km3921 at 21:53|PermalinkComments(6)

2005年09月19日

ただいま勉強中!

e565da66.jpg

クリの花言葉 → 真心・公平・豪華・満足  だって。

一貫性ねぇな〜。どれか当てはまればいいんだと思う。

ちなみに、「大きな栗の木の下で」はイギリス民謡だって。

それと、栗の栄養価について → ビタミンB1ビタミンCがもっとも多く含まれる。栗のビタミンCは熱に強いので、加熱しても損失が少ないのが特徴。他にも、成長促進美容に効果があるビタミンDや、カルシウムカリウム鉄分など。くりの渋皮(内側の薄い皮)に含まれているタンニンは抗酸化作用があり、ガンの予防に有効と言われてます。

俺はおやつ感覚でしか食べてなかったけど、結構な栄養食品だったんだよ! 早速、栗ごはん炊いた。いただきます!



km3921 at 22:04|PermalinkComments(0)

2005年09月15日

能登栗!

今日の能登栗収穫は4袋。午前、午後と2袋ずつ。落ちてる栗を全部持ち帰ってたら確実に10袋以上になる。半分以上は商品にできるレベルじゃないので、そのまま土に埋めるか捨ててきます。

川原農産でおばあちゃん、伸ちゃんが選別したモノこそ最高級の能登栗! サッと塩茹でしたものをいただいたけど、今まで食べた栗の中で一番ウマイ!! 採れたては甘さも格別だ。1個1個がバカでかいから、ボリューム感あるのもうれしい。早く自分で栗園管理できるようになって、もっと世に広めたい。そう思える味だ。

しかし、どうやったら自分の農園増やせるんだろ? そのために資金、資材費もかなり必要。そろそろアルバイト始めないと。ホントは専業農家でやっていきたい。でも、今の自分は未経験の研修生。残業すると人件費の負担を増やしてしまう。しばらくは兼業農家として、副業で収入を増やさねば! 



km3921 at 21:57|PermalinkComments(3)