栗の選別

2006年09月21日

栗は水に弱い

0de5fa4a.jpg水洗いの終わった栗を乾かしています。
ダンボールの上に栗を並べて、
その上からいらなくなった掛け布団を被せて水けを切り、
最後は扇風機で充分に乾かす。
冷蔵庫、扇風機、選果作業部屋の電気…
今月の電気代が怖い(^_^;)


km3921 at 18:21|PermalinkComments(2)

2006年09月20日

サイズ選別

a980e16b.jpg選果作業の最後にやること。
右から、
S、M、L、2Lの順に振るい落としていきます。
これが終わったらサイズ別に重さ量って、
冷蔵庫に入れて一日の作業終わり♪


km3921 at 03:13|PermalinkComments(2)

2006年09月19日

何でも許される一人暮らし

26e9e92c.jpgみなさま、
いつもコメントをありがとうございます!!!
全然返事ができずゴメンナサイ(+_+)
昨日から徹夜で…もう45時間以上ひたすら栗と向き合っています。
で、今日は少しでも寝ないとと、
思い付いたのが“栗の水洗いを浴槽でやる”。
俺、いつもシャワーしか使わないし。
他に使う人いないし。
バケツでちょっとずつ洗っていたのがアホらしいぐらい一網打尽!
洗った栗の持ち運びで家の中ベタベタになったけど、
かなり作業時間短縮♪


km3921 at 21:53|PermalinkComments(4)

2006年09月17日

変な太り方!

98280475.jpg50gあった(^_^;)
平均体重の倍だゾ〜。
勢いよく鬼皮を裂いちゃって…。
商品にならないから、お裾分けで食べてもらいなさい☆

そして…
今日も選果が終わらない。
もうすぐ夜が開けちゃうなぁ。
でも、大丈夫ですよ!
目はしっかり開いてます(゜o゜)
食べ物、しかも生物を扱っている緊張感で気が張ってますからo(^-^)o
安心して食べてください♪


km3921 at 04:17|PermalinkComments(1)

2006年09月15日

太り過ぎだよ、

59d818a1.jpg君たち。


km3921 at 23:07|PermalinkComments(2)

やっと…

選果が終わっただよ〜。
すっかり日にちまたいじゃった(@_@)
腹減ったよ〜。
これから飯作るの面倒だな。。。
やっぱ、晩ご飯は事前に作っておくべきだな!
さて、今日も大漁、いや豊作? でありますよ―に♪
おやすみなさい☆


km3921 at 01:02|PermalinkComments(3)

2006年09月12日

恐怖の選果作業

senbetsu
栗拾いから帰ってきたら選果作業!
かなりドキドキする仕事です。
まずはカゴを3つ用意。
で、簡単に言うと以下の3種類に選果します。
/べられないもの(虫食い、未熟、乾燥、劣化)
⊃べられるけど、シワや変色が気になるもの
商品化できるもの

,老園へ持ち帰り、種として園内の空きスペースに埋めます。
 余ったら、焼いて堆肥に混ぜて土に還します。
△呂感畚蠅気鵝地主さん、大家さん、実家、友だちなどにお裾分け。
 地元の人は「虫食いでもそこだけ取り除けば充分食べられるのよ」なんて、
 喜んで貰ってくれるんですよ^^
はバケツの水に入れ、浮いてきたものを取り除きます。
 (身がしまった栗は重くて沈むのですが、浮いてしまう栗は十分に熟してなくて実  が詰まってないため。または古くて乾燥しているため)
 その後、手ぬぐいで汚れをキレイに拭き取り、
 もう一度虫穴が開いてないか見極めながらサイズ別に選り分ける。
 最後に新聞紙で包み、収穫日を書いたメモを張って冷蔵庫に保存します。

結局、商品化できるものは…全収穫量の半分以下になる日も少なくありません(泣)
でも、せっかくお金を払って頂いた方に不快な思いをさせるわけにはいきません。
心を鬼にして、疑わしきものは取り除きます!!!

km3921 at 22:00|PermalinkComments(5)

2005年10月13日

天国から地獄

今週、金山栗園の晩生栗たちが最後のピークを迎えております。一昨日4袋、昨日3袋、今日2袋半。1袋20kgぐらいとして、3日で200kg近い収穫!

嬉しくて嬉しくて汗もふかず拾いまくった。

と思ったら、持ち帰って選別した結果は100kgにも遠く及ばない出荷量に・・・。

1個1個目を凝らすと、極細の針で刺したような穴がどの栗にも。拾った自分たちの手で3分の2は外した。

泣けてくる。

でも、いい経験をしている。

 



km3921 at 22:28|PermalinkComments(3)

2005年10月07日

伸ちゃん、体に気をつけて。お元気で!

今日から伸ちゃんがいない。ていうか、いつ帰ってくるのか聞くの忘れた。

そして、いつもの伸ちゃんのお仕事を任された! 栗の選別も自分が最終チェック者だと肝に銘じて、慎重に時間をかけて行った。最終的に、拾ってきた栗の半分強しか残らなかった。これでいいのだ!

たった1個でも虫食い栗が混入してしまえば、その瞬間からお客様の信用を失う。そして、俺は川原農産からも信用を失う。何より、人に喜んでもらえるのを生き甲斐にする仕事のはずが正反対の結果を招く。だから、“もったいないの気持ち”を押し殺す。

いや、もったいなくはない。俺、持ち帰って甘露煮作って、保存食にするから

 



km3921 at 22:17|PermalinkComments(0)

2005年09月23日

宝の山

今日も金山地区栗園の収穫は少なかった。あまりにも落ちてなくて午前中に拾い終わっちゃった(いつも15:00過ぎまでかかる)。

午後からは徳成谷地地区の栗山に行っておばあちゃんたちの手伝い。少しだけしか回らなかったけど、金山とは質・量・大きさともに全然違う! ツルツルテカテカでまさに鮮やかな栗色。しかも特大サイズが至るところに。金山ではせいぜい1日で10〜20個ぐらいしか見つけられないものばかり。うらやまし〜!! 心の底からそう思えた。でも、目指すべき姿が見えた。

近いうちに金山もこの光景に!



km3921 at 22:35|PermalinkComments(0)

2005年09月20日

「違いの分かる男」を目指そ!

ピカピカでみずみずしくて鬼皮がパンパンに張った上質の能登栗

対して、カサカサしてて鬼皮がしぼんだ商品規格外の栗。

毎日ひとりで栗拾いを続けてるうちに、規格外の栗ばかり落ちる場所や木があることに気付いた。これは木か土壌に問題があるはず! 拾うことが一番だけど、来年のために改善必要な場所、木をはっきりさせておこう。

栗は、落ちてから日数が経つとツヤとみずみずしさがなくなってくる。落ちた日こそ最高の“旬”の商品。だから、1個も拾い逃すまいと腰かがめて下ばかり見てた。明日から木や土の違いも気にしてみよ。俺には何も分からないと思うけど、何か違いを見つけたい。来年以降はいい実ばかりなる栗園に育てたいから!



km3921 at 22:36|PermalinkComments(0)