栗の収穫

2006年10月04日

幻の栗

okute昨日から、明らかに他の品種と色が違う栗が落ち始めた。
イガも分厚くて、葉っぱの色も少し違う。
去年もこの栗の品種だけが分からなかった。。。
で、近隣の栗農家さんに聞きに回ってきました。
1軒目…「見たことないぞ。変わった栗だなぁ」
2軒目…「これは利平だよ。あんたのとこ利平があるんだね」
3軒目…「おっ、色も形もキレイで立派な利平だ」
り、利平!
利平って国産栗の中でも特に甘く、通称“幻の栗”と言われるもの。
それだけに苗も高価格で、また虫被害を受けやすく栽培者泣かせだと聞いたことはある。
以前、県の普及員さんや農協の職員さんに、
「お金に余裕ができたら利平の苗を買うといいよ。
 人気も売り価格も高い品種だから」とアドバイスされた。

・・・利平あるんじゃん!!!
しかも虫被害はほとんどなく、惚れ惚れするものばかり☆
ちなみに写真右側の黒っぽい方が利平。
で明るい方が石鎚。
早速、生で、そして茹でて食べ比べてみた。
「どっちもすっげぇぇぇ、あま〜い」
ごめんなさい。
俺のバカ舌では全く違いが分からなかった。何個食べても^^;

km3921 at 22:28|PermalinkComments(3)

2006年09月29日

1ヶ月もたってないのに。。。

17a88969.jpg収穫直前に草刈りしたんだけど、
収穫中も雑草はどんどん伸び続ける。
落ちた栗が見辛くなってきた。(-_-;)
で、昨日からまた草刈り開始!
落下した栗はその日のうちに拾わなければ、
水分が蒸発してしまったり、
害虫が湧いたり、
コオロギに食われたりと極めて生存確率が低くなる。
商品化率上げるため、
養分たっぷりの鮮度を保った状態でお客様に提供するため、
地道な草刈りが最も基本的な仕事です☆


km3921 at 15:16|PermalinkComments(2)

2006年09月28日

やっと笑い始めた

691de48a.jpg中手品種の“筑波”。
こういう画を東さんや収録スタッフさんたちに見てほしかったなぁ(-_-;)
この筑波と晩生品種の石鎚が、
松尾栗園の焼き栗での主力商品になります!
今までに収穫してきた早生品種の丹沢と森早生は、
一足早く東京の“くりはち”さんにて販売デビューします!
(今日、初出荷しました^^)
売れるかなぁ…
人気出るのかなぁ…
リピーターはつくのかなぁ…
超ドキドキする。


km3921 at 12:44|PermalinkComments(3)

2006年09月17日

うれしい大誤算

898f5f7b.jpg収穫だけで日が暮れてしまった。
今年、こんなに採れるとは思ってなかった。。。
やべぇ、急がないと選果が追い付かなくなる((((((((^_^;)


km3921 at 18:17|PermalinkComments(4)

2006年09月14日

今日の収穫量!

dce92332.jpg3ケース半(80キロ超)。
昨日までは1ケースにも満たず、
午前中で全部拾いきれてた。
なのに、今日は突然のピークがやってきて、
収穫だけで16:00までかかっちゃった♪
(明日からもっと早起きしないと^_^;)
とりあえず昼飯食べて、
これから選果します。
50キロは残ってほしいなぁ。。。


km3921 at 16:06|PermalinkComments(2)

2006年09月09日

2Lサイズ♪

818aaaee.jpg雨の後の快晴!
たっぷりの水分と日光を補給した今日みたいな日は、
熟した栗がポトポトと落ちてきます☆
昨日まではほとんどなかった2Lサイズ(直径35mm以上)が、
今日は結構落ちていたo(^-^)o
形、色、ツヤは…各枝ごとにバラツキあるなぁ。
ピカピカで健康そのものの惚れ惚れするような栗ばかり落とす枝もあれば、
弱々しい枝はやっぱり虫被害や劣化の栗も多い。
減農薬減化学肥料栽培の証といえば聞こえはいいんだけど、
正直、実の付けすぎ(枝が多すぎ)なんだと気付いた。
まだ樹にとっては負担が大きいんだと。
今のうちに、
来年の樹の形をイメージしとこ!


km3921 at 12:28|PermalinkComments(10)

2006年09月08日

シーズン到来!

8adb30cc.jpg昨日の雨で、
ようやくイガが笑い(開き)始めました^^
成熟した栗の実もポツポツと落ちていました。
事実上、今日が収穫スタートです☆
しかし…さっきからアブにストーキングされてウザイ!!!


km3921 at 11:23|PermalinkComments(3)

2006年09月07日

存在価値

9ae78378.jpg昨日、今日と久々のまとまった雨!
絶対的な水分不足で収穫が遅れている身としとは、
もうありがたくてたまらない。
栗の樹たちよ、今日は思いっきり水分を蓄えておくれ☆
といっても、今日も栗拾いはやっています。
未熟や虫食いによる早期落下モノばかりで、
商品価値のあるものはほとんどない(-_-;)
でも、この子たちを集める意味はちゃんとあって。
まず放っておくと、
害虫が卵を産み付けてしまう。
その羽化した幼虫が土中や雑草の下で越冬し、
来年の危害が広まる。
(必然的に農薬の分量を増やしてしまうことになる)
そのほかにも、
栗の実は例え食べられなくたって、
貴重な種になりますからね♪
(それでも余ったら俺が食べるし^^)
そういうわけで、
せっかく産み落とした栗はとりあえず全部拾うつもりです☆


km3921 at 12:41|PermalinkComments(2)

2005年10月16日

センチメンタル

dd764782.JPG

9月8日から毎日続いた栗拾い。

今日で終わった。

昨日の大雨でほとんど落ち尽くしたし。少しだけ木に生ってたイガは竹竿で叩き落として。

・・・もう拾える栗はなくなった。

楽しい日々だった。

幸せだった。

次に会えるのは1年先。

いつも、すぐ近くにいるんだけど。

1年経たないとその姿は見れない。

 

↑ クサすぎた! (って文章のことです。栗は決して臭くないですからね)



km3921 at 21:59|PermalinkComments(5)

2005年10月15日

栗の最終出荷日が

65dea37b.jpg18日に決まった。ついに終わってしまう。寂しい。

km3921 at 23:58|PermalinkComments(0)

2005年10月13日

天国から地獄

今週、金山栗園の晩生栗たちが最後のピークを迎えております。一昨日4袋、昨日3袋、今日2袋半。1袋20kgぐらいとして、3日で200kg近い収穫!

嬉しくて嬉しくて汗もふかず拾いまくった。

と思ったら、持ち帰って選別した結果は100kgにも遠く及ばない出荷量に・・・。

1個1個目を凝らすと、極細の針で刺したような穴がどの栗にも。拾った自分たちの手で3分の2は外した。

泣けてくる。

でも、いい経験をしている。

 



km3921 at 22:28|PermalinkComments(3)

2005年10月11日

ヘビの巣穴

0177a86c.jpg激写しようと思ったら、この穴の中に逃げてった。悔し〜〓

km3921 at 21:32|PermalinkComments(2)

2005年10月02日

やっと、やっと

c5157bb0.jpg

晩生品種の栗が落ちてきた! 栗園に着くなり地面に茶色く光るものが結構目立つ。キター! 喜び勇んで拾い始めた。けど、なかなか収穫カゴの中はいっぱいにならない。実は、半分近く虫に犯されてた。マジで悲しい。悔しい。約1ヶ月、毎日拾い続けているけど、毎日悔しくて仕方がない。

でも、同時に、剪定、土作り、防除がどれだけ大切な作業か身にしみて分かった。悪い結果を先に知れたことで、来年に向けてのひとつひとつの作業の意味、必要性も充分感じられる。いい勉強をしていると考えよう。

・・・今日は結局2袋分にしかならなかった。チクショー!! 



km3921 at 22:46|PermalinkComments(0)

2005年10月01日

ホントにホントの出来事

藪の奥で用を足していたら、バカでかいスズメバチが。緊張の時。

そして、俺の大事な部分に止まった。「ちょっと待て! 何で? うそだろ〜」と思いつつ心臓は高鳴る一方。アンモニアの出所をやっつけに? すぐ用は終わったのに動いたり振ったりすることもできない。

いろいろな事を考えた。もし刺されたら、その瞬間人生が大きく変わってしまう気がした。下手したら男でいられなくなる。そう思うと、なぜか今までの人生に対して後悔の気持ちが湧いてきた。とにかく、もっと生きたいと思った。

・・・10秒ぐらいで飛んでいった。とりあえず、栗拾いを再開した。後悔しないように、いつも以上に必死に探した。

 

見苦しい内容ですみません。  かずひろ



km3921 at 22:06|PermalinkComments(5)

2005年09月27日

大きな栗の木の下で

225aac39.jpg一番日当たりが良く、一番大きな栗の樹。さすがに実もでかくてキレイ。嬉しくて記念撮影。

km3921 at 09:39|PermalinkComments(1)

2005年09月26日

最後の望み

ここ3、4日の栗収穫は散々。早生品種の“丹沢”に続いて中手品種の“伊吹”もピークを過ぎつつある。でも、今まで沈黙を守っていた晩生品種の“筑波”と“石鎚”たちが少しずつ笑って(開いて)きた。あともう少しの日光で成熟、落下となりそう。早く拾いたくてウズウズ。きっちり商品価値のある状態に育ってくれてるかな? 心の底から祈るような気持ちだ。頼む、頑張ってくれ〜栗たちよ! 

今日は午後から曇り。明日も曇り予報。・・・参った。



km3921 at 22:11|PermalinkComments(0)

2005年09月25日

ヒント探し

徳成谷地の栗山と金山・栗園の違い。それはヤブカの数。上質の栗がたくさん採れる栗山では常に大量発生状態。それだけ樹木が発する二酸化炭素が多いんだと思う。金山より長くて太い樹が多いから。あと、ヤブカは水辺、湿地に集まる。てことは、金山の土は湿気が足りないってことかな? 蚊の生態を調べていけば“いい栗園”を作るヒントが見つかるかも。もっと調べてみよ!

 



km3921 at 22:33|PermalinkComments(0)

2005年09月23日

宝の山

今日も金山地区栗園の収穫は少なかった。あまりにも落ちてなくて午前中に拾い終わっちゃった(いつも15:00過ぎまでかかる)。

午後からは徳成谷地地区の栗山に行っておばあちゃんたちの手伝い。少しだけしか回らなかったけど、金山とは質・量・大きさともに全然違う! ツルツルテカテカでまさに鮮やかな栗色。しかも特大サイズが至るところに。金山ではせいぜい1日で10〜20個ぐらいしか見つけられないものばかり。うらやまし〜!! 心の底からそう思えた。でも、目指すべき姿が見えた。

近いうちに金山もこの光景に!



km3921 at 22:35|PermalinkComments(0)

2005年09月22日

栗の味、どうかな?

激しい雨のなか今日も栗拾い。しかし、収穫数は激減。いつもの1/3ぐらい。理由はここんとこ曇り勝ちで日光が当たってないから。あと、早生品種の“丹沢”が落ち尽くして、晩生の“筑波”がまだ落ちてない谷間の時期でもあるから。明日も雨。量は期待できないな〜。

でも、東京への差し入れが無事届いてよかった。みんなの口に合うといいな。現実を受け止めますんで、正直な感想待ってます。

 



km3921 at 21:53|PermalinkComments(6)

2005年09月20日

「違いの分かる男」を目指そ!

ピカピカでみずみずしくて鬼皮がパンパンに張った上質の能登栗

対して、カサカサしてて鬼皮がしぼんだ商品規格外の栗。

毎日ひとりで栗拾いを続けてるうちに、規格外の栗ばかり落ちる場所や木があることに気付いた。これは木か土壌に問題があるはず! 拾うことが一番だけど、来年のために改善必要な場所、木をはっきりさせておこう。

栗は、落ちてから日数が経つとツヤとみずみずしさがなくなってくる。落ちた日こそ最高の“旬”の商品。だから、1個も拾い逃すまいと腰かがめて下ばかり見てた。明日から木や土の違いも気にしてみよ。俺には何も分からないと思うけど、何か違いを見つけたい。来年以降はいい実ばかりなる栗園に育てたいから!



km3921 at 22:36|PermalinkComments(0)

2005年09月18日

栗の品種

長州力のマネする時は舌をなるべく使わないで声を出す。結構上手くできる。

さて、最近の栗園は早生栗の“丹沢”が少なくなってきて、中生栗の“伊吹”が落ちてきた。晩生栗の“筑波”はもう1週間ぐらい後かな。って偉そうに言ってるけど、俺にはさっぱり見分けが付けられません。おじいちゃん&おばあちゃん情報です。もっと勉強します。



km3921 at 22:54|PermalinkComments(0)

2005年09月17日

太陽の力

京都外大西高校の1年生・本田投手。投球フォームを真似してみた。結構しっくりくる!

さて、昨日で栗園の草刈りケリついた。ので、今後は栗拾いの終わる15:30あたりから他現場へ移動。今日は約2週間ぶりに稲刈りの補助。ちょっとだけ4tトラックの運搬もした。6年ぶりの4t車。すっかり感覚を忘れてる。でかくて長くて緊張した。おかげで、その後の2t車が楽に感じた。

各現場へ作業機器、資材、収穫物を運搬するのも大事な仕事。トラックの扱いも早く上手くなりたいな。

あっ、そうだ。今日の栗情報。昨日から日差し強かったせいかな? 大きさ、ツヤともに惚れ惚れするような立派な栗がかなり採れた! 久々にうれしいぞ!

 



km3921 at 22:29|PermalinkComments(0)

2005年09月15日

能登栗!

今日の能登栗収穫は4袋。午前、午後と2袋ずつ。落ちてる栗を全部持ち帰ってたら確実に10袋以上になる。半分以上は商品にできるレベルじゃないので、そのまま土に埋めるか捨ててきます。

川原農産でおばあちゃん、伸ちゃんが選別したモノこそ最高級の能登栗! サッと塩茹でしたものをいただいたけど、今まで食べた栗の中で一番ウマイ!! 採れたては甘さも格別だ。1個1個がバカでかいから、ボリューム感あるのもうれしい。早く自分で栗園管理できるようになって、もっと世に広めたい。そう思える味だ。

しかし、どうやったら自分の農園増やせるんだろ? そのために資金、資材費もかなり必要。そろそろアルバイト始めないと。ホントは専業農家でやっていきたい。でも、今の自分は未経験の研修生。残業すると人件費の負担を増やしてしまう。しばらくは兼業農家として、副業で収入を増やさねば! 



km3921 at 21:57|PermalinkComments(3)

2005年09月14日

全部が宝だったらいい・・・

さっき、家を出てすぐタヌキが車の前を横切った。北海道でも石川に来てからも初目撃。キツネは何度か見たけど。今朝は玄関のドアを開けたら、でっかいサギが家の庭に(びっくりしすぎて鳥肌立った)。栗園では毎日のようにヘビいるし。まさに野生動物と共存している町です。

さて、栗拾い(宝探し)も順調! 初日は袋半分(1袋いっぱいで30kgぐらいかな?)ぐらいだったけど、今日は3袋いっぱい。それでも半分ぐらいは選別時に商品規格外となってしまう。拾ってる時も見た目おかしかったり、ツヤがないものが目立つ。虫食いやしぼみがあるものは持ち帰りさえしないけど。こんなに落ちてるのにもったいなさすぎる

この冬以降は土づくり、剪定、防除などをしっかり勉強&実践する! 俺の愛情めちゃめちゃ注いで、木と一緒に成長する。そして、来年は自信を持って出せる商品をどんと増やしてやる!



km3921 at 21:19|PermalinkComments(2)

2005年09月13日

出会い

いつものように栗拾いの作業中、来客が。近所で栗園を経営されてる、確かナガタニさんていうおじいちゃん。能登栗を作っている人が石川に約120人いること。農協の買い取り価格が絶望的に安い現状、いい実がならない木は植え替えた方がいいことなどを教えてくれた。同業者の方との出会いはいい刺激になる。

km3921 at 22:12|PermalinkComments(0)

2005年09月12日

恐怖の栗爆弾

俺の農作業にかかせないもの。頭にかぶる日除け笠。

おじいちゃんたちのかぶる物と思ってはじめは恥ずかしかった。でも、日差し、雨、もみ殻、栗爆弾などいろいろな物から身を守ってくれる。特に、今日は栗爆弾から2回。栗爆弾とは、木から落下してくるイガのこと。ガサッと音がしたと思ったときには頭にズドン! 笠かぶってなかったら頭直撃です。一度足に当たったことあったけど、かなり痛いぞ。30分ぐらいヒリヒリする。だから、笠かぶってて大正解。でも、ちょっとズレたら背中に。・・・恐怖。

あ、それと久々にマムシ発見。すぐ見逃してしまった。捕まえたかったな〜!! 



km3921 at 21:14|PermalinkComments(0)

2005年09月10日

限界が見えているもの・・・

一昨日より昨日、そして今日と落ちる栗の量は日に日に増えてます。嬉しいね!

でも、栗の数も収穫時期も限られている。・・・いつか減っていくのが怖い。

漁師は年中収穫時期。ほぼ毎日が金になる仕事。

農家は年に1、2回ぐらい。今の収穫だけで1年の生活費が決まる。だから、まず無事に収穫できてる喜びとともに1日1日がすげぇ大切に感じる。

明日も宝探しがんばろ!



km3921 at 21:23|PermalinkComments(1)

2005年09月09日

栗は俺が守る! 食べるけど。

今日はひとりで栗園の収穫&草刈り。

ひとりで任せてもらえることが嬉しくていつも以上に気合が入った。

しかし、拾った栗がかなり虫に食われてて・・・ショック。こおろぎ、あり、小さいミミズみたいなetc。放っておけばすぐやられちゃうんだと実感した。実際、上見ても下見ても常に虫だらけの場所だから。毎日地道に救出してやれるのが一番いいんだけど。栗園に行けたときは絶対に拾い残しがないように隅々まで細かくチェックします!

あと不審者も発見。若めの男2人組。俺の姿見たら慌てて逃げてった。盗っ人だったら許さん! 

 

 



km3921 at 22:18|PermalinkComments(0)

2005年09月08日

まぶしい!!

初めての栗拾い! 

ずーっと楽しみにしてました。しかし、開始から10分以上たっても1個も見つけられない。マジで焦って、必死に地面をかきわけてみたけどダメ。視力が悪いから? ・・・いえ、どうやら違う品種ばかりを探してたんです。

今の時期落ちているのは早熟の“丹沢”という品種みたいで。伸ちゃんに教えてもらい、“丹沢”だけに絞って探せばいいことを初めて知りました。やっていくうちにイガの開き方、栗の取り出し方(足のつま先で押さえながら蹴り出すorほじくり出す)もだんだんコツをつかめてきた。

超楽しい! まさに宝探しです! 1個1個が自分たちの貴重な生活費だから当たり前なんだけど。栗の実は本当に宝のようにピカピカ!

これから1個も見逃さず、より早く。栗拾いの達人を目指そ! 



km3921 at 22:04|PermalinkComments(3)

2005年09月01日

栗のトリビア(俺だけ?)

栗山の草刈り終了!

これで栗が落ちてきても見えるようになった。

俺、栗はイガごと落ちてくるって思ってて、おばあちゃんに「これ拾うの痛いですよね?」「栗拾いはかなり厚手の手袋はめるの?」「何かはさむ物使うんですか?」とか聞いてた。そしたら、イガが開いて栗だけ落ちてくるんだって。

相当でかい(野球ボールぐらい)イガを見つけて「こんなでかい栗見たことないですよ。おにぎりみたいの出てくるんじゃないですか?」とも聞いてみた。実際は、イガの中に2、3個入ってるんだって。

へぇ〜!! 毎日がトリビアです。



km3921 at 21:58|PermalinkComments(1)