はじめてのお客様へ

2005年11月29日

資金作り

午前中、奥能登農林総合事務所へ行ってきました。今後の農業生活についての相談をするためです。果樹担当、野菜担当、町野エリア担当の3名の普及員さんがお相手していただけました。

前回同様、1.5haの栗園だけではとても生計を立てられないよという指摘から始まりました。栗は、果樹の中で最もと言っていいいぐらい農業所得の低い作物。 よって、栗を諦めて施設野菜(ホウレンソウ、小松菜、インゲンなどJA町野町で栽培実績の良好な作物)の研修から始めてみては? どうしても栗を手放したくないなら、あくまでも栗は副業として本業に施設野菜か、農業以外の仕事で生計を立てるべきだとの結論でした。

奥能登で獲れるあらゆる農作物の農業所得一覧表を見ると確かに納得。栗は単価が安い上に年1回だけの収穫なので、必然的に所得も低い。おっしゃることはマジ正論です。

でも、やっぱり栗は諦められないんすよ、俺。今年より上質で出荷量も倍以上増やしたい一心で、今の栗園再生にのめり込んで仕事してるし。それをより多くの人に食べてもらいたいって夢見てて。HP立ち上げて、少なくても応援してくれる人たちもできて。

だから、栗は続ける。それ以外の仕事も見つける。近場で農作業の雇用があればベストだけど・・・冬場はないだろうな〜。週3回ぐらい今のバイトを日中も入るとか、他にスーパー、ホームセンター、土方、漁師の陸仕事とか。とにかく、今は資金が必要! それだけははっきりしてるから働きます!!!



km3921 at 16:18|PermalinkComments(3)

2005年11月18日

自営農家への道

1bf05855.

能登空港内にある農林総合事務所で打ち合わせ。

今後の独立及び就農認定を受けるに当たって、農業振興部の普及員の方々にお話を聞いてきました。

現実は・・・やはり資金足らずの俺には厳しい内容。実際に今のままの栗園の収入だけではとても生計が立てられないので。そこでバイトを始めたわけなのですが(昨日から基本労働時間を週6日・18:00〜23:00に延長してもらった)、もっと農業収入を増やさないことには資金&資材支援も受けられないとのこと。ということで、他で近隣に農地を(なるべく格安で)使わせてもらえるところがないか? あれば、栗以外でなるべく早期収入が見込める露地野菜などの栽培を始めてはどうか? その方法を探しつつ、就農計画書を立案していきましょうといった話にたどり着いた。

その後、川原農産社長とも話し合い。ひとつだけ嬉しいことが。栗園の地主さんは直接、俺に無償貸し出ししてもいいとの意思が確認できたこと。つまり、川原農産から離れて個人契約するということ。社長も、俺に独立してやっていく意思があるなら許可していただける方向であること。

見通し厳しいのは充分認識できたけど、やっぱり諦めるという気持ちにはなれない。地主さん、川原農産さんのご恩に報いたいし、期待に応える成果を創り出していきたい。今、毎日やっている栗の剪定だって、絶対に良質の栗に育てたい一心で続けていることだし。

とにかく、今は自力で農業収入を上げていく可能性を追求する。せっかく普及員の方々も協力していただけることだし、しばらく農林総合事務所に通って就農計画を練っていくことに決めました。

何とかする!

 

あっ、今日バイト早出だった。行ってきます!

 



km3921 at 16:54|PermalinkComments(3)

2005年11月07日

ホームページ立ち上げました!

本日、ついに松尾栗園ホームページを立ち上げました!

最初にお断り申し上げます。今年の出荷はすべて終了しており、現在販売できる商品はございません。

来年以降、当サイトからの直販もぜひ行いたいとは考えています。

何より、当サイトの大きな目的は「真剣に、安全でおいしい栗」を作る意欲と1年を通した栽培過程を情報公開することです。そのために、必死に栗について農業について勉強していきます。

いつの日か、ひとりでも多くの方に「松尾栗園の栗が一番おいしい」と評価していただけることを夢見て!

 

そして、サイト製作について親切にご指導いただいた林先生、石川県21世紀産業育成機構の源さん、吉田さん、道場の先輩方々、本当にありがとうございました。これからがスタートですね。宜しくお願いします。



km3921 at 23:31|PermalinkComments(5)

2005年09月21日

栗園

今、川原農産で管理している栗園は2箇所。ひとつは40年以上前におじいちゃんたちが山を削って開拓した2haの通称・栗山(徳成谷地)。もうひとつは、今年から遊休地となった金山地区1.5haの栗園を、川原農産が代わって管理することになったもの。

そして、僕は来年よりこの金山地区の栗園経営者になるべく1年間の研修をさせていただいてるわけです。ということで、金山の栗園に毎日ひとりで通っています。でも、明らかに栗山の実と比べてツヤがない。シワや虫食い、未熟の実も多い。だから、商品として高川栄泉堂様に送られるのはほとんど徳成谷地・栗山で採れたもの。・・・悔しい。

でも、敗因ははっきりしている。川原農産で金山の栗園を引き継いだのは今年春。つまり、晩秋から冬にかけての剪定が間に合わなかったのです。剪定ができないと日当たりが悪くなる。特に栗は日光で成熟していく生物だから。個人的には、あえて悪い見本を目の当たりにできて良かった。剪定、土作り、防除の大切さが身にしみて体験できたから。

絶対、来年以降はツヤツヤピカピカの栗でいっぱいにしてやる!

申し訳ないけど、今日、東京の友だちに送った差し入れは俺が拾った金山の栗。商品として出荷する最上級品とは言えないもの。年々リベンジ品を作っていくから、今年はこれで許して! もし、小さな穴や黒い斑点を見つけたら、虫食いor病気の可能性があるので捨ててください。その他、栗の扱いの参考に→栗の保存、調理法ほか



km3921 at 22:31|PermalinkComments(4)

2005年09月19日

ただいま勉強中!

e565da66.jpg

クリの花言葉 → 真心・公平・豪華・満足  だって。

一貫性ねぇな〜。どれか当てはまればいいんだと思う。

ちなみに、「大きな栗の木の下で」はイギリス民謡だって。

それと、栗の栄養価について → ビタミンB1ビタミンCがもっとも多く含まれる。栗のビタミンCは熱に強いので、加熱しても損失が少ないのが特徴。他にも、成長促進美容に効果があるビタミンDや、カルシウムカリウム鉄分など。くりの渋皮(内側の薄い皮)に含まれているタンニンは抗酸化作用があり、ガンの予防に有効と言われてます。

俺はおやつ感覚でしか食べてなかったけど、結構な栄養食品だったんだよ! 早速、栗ごはん炊いた。いただきます!



km3921 at 22:04|PermalinkComments(0)

2005年09月11日

ユーザー至上主義!!

栗の選別にはじめて立ち会った。

俺はひたすら拾ってくる&草刈り専門だったから。そしたら、3、4割ぐらい「商品にはできない」とはじかれてしまった。針で突いたような小さい虫食い穴、完熟に達していない証となる色の薄さ皮のシワなどが発見されたためである。素人の俺にはよ〜く目を凝らさないと判らないほど厳正な選別。

その基準は「消費者の目線」です。今までの俺は売る側の目線寄りで、どうしても量を多く採りたくて基準が甘くなってた。でも、ココ川原農産の選別は徹底して「お客様が大満足できる食品であるか」にこだわっている。生産者としての自信とプライドを貫き通しているんです。

農家の経営は非常に厳しい現代。ここ数十年、農作物の価格はほとんど変わっていない。安い輸入物がどんどん入ってきて。でも、物価は跳ね上がった。つまり、農家の利益は年々減る一方。赤字、廃業農家も大幅に増えるばかり。少しでも金になるものを増やしたいのが正直なところだと思う。

それでも、ココ川原農産の姿勢は一環してユーザー目線! 俺はスタートがココで良かった。独立しても絶対にこの姿勢は引き継ぐ!

俺は、絶対に安全でおいしい物しか販売しません!



km3921 at 22:38|PermalinkComments(0)

2005年08月29日

田舎

今日、はじめて川原農産伝統の栗園で作業(害虫駆除)。杉、竹が立ち並ぶ山道を10分ほど歩いてやっと着きます。しかし、杉、竹の高さと太さには圧倒された(もちろん栗の木も)。木漏れ日も最高に気持ちいい!

もともと自然そのままの山を、約40年前におじいちゃん、おばあちゃんたちが切り開いて作った栗園。道路、通路などはなく、まさに山の中での労働。

この町野町近辺は商業的、工業的発展がほとんどない(適さない)ため、人的害も少なく生物を育てるにはホント素晴らしい環境。また、ここはスーパーじいちゃん、ばあちゃんたちの町(虫もハンパなく多いけど)。70、80超えてるのに超元気な方々がいっぱい。田舎の作物、生活こそが健康に最適なんでしょうね。

俺はあんまり長生きに興味ないんです。生命線短いし。

 



km3921 at 21:38|PermalinkComments(1)

2005年08月06日

初日!!

はじめまして!!

(有)川原農産・研修生の松尾和広です。

何だかよく分からないけど・・・専務に勧められて、初ブログ!

今日から農家への道をスタートしました。全くの未経験者だけど、これから先輩方に付いて回って、最高に安全でおいしい農作物を作れるようになるぞ!!というわけで、初日の主なお仕事は・・・

/絨陲慮回り&水分補給 栗園の草刈りでした。

 ,錬泳腓凌綸弔砲弔各1箇所から用水(源流は町野川)が流れます。その水が全体に行き届いているかチェック。土が乾いている所があれば、その水田の水門を空けます。逆に、水が溜まり過ぎとか雨の時とかは水門を閉じるようです。あと、専務が「こいつは天敵だ」って所々に生えてるヒエをもぎ取ってました。 △任禄蕕瓩徳雋△蟲,鮖箸い泙靴拭やっぱマシンの威力はすげぇっす! あれを使いこなせると仕事が早い! 暑かったけど、意外と楽しくて夢中になった。雑草に覆われてた栗園がだいぶ見晴らしよくなってきたし!

 ・・・こんな感じで素人の成長記録をつづっていくつもりです。



km3921 at 21:29|PermalinkComments(1)