2015年10月15日

モモノゴマダラメイガ!!!

今年の栗園の収穫・選果がすべて終了しました。
9月初旬の早生品種は豊作でした。
9月中旬以降の中生、10月収穫の晩生品種はモモノゴマダラメイガの害虫被害により壊滅的なダメージを受けました。

やっとたくさん実を付けたのに、
毎日毎日拾うもの拾うもの虫被害果ばかり…大変な労力をかけて商品になる栗はわずか。
最後の数日はもうゴミ拾い同然でした。
なぜこの時期にこの虫がこんなに…初めての経験です。

近隣の農家さんも状況は同じで、
特に晩生品種の商品化率はひどいものでした。


モモノゴマダラメイガ対策、来年の最重要課題です!!!


km3921 at 21:21│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by のぶ   2015年10月17日 10:32
虫食い多かったんですか?
どおりで、自分も薬剤散布の割に多いな?効かなかった?と思ってたんですよ。
今は、次の苗木を植え替えているとこです。
2. Posted by 松尾栗園   2015年12月21日 14:43
>のぶさん、
のぶさんも被害多かったですか?
今年はモモノゴマダラメイガの発生数が多かったみたいです。
しかも晩生の時期まで元気に飛び回っていたみたいで。。。
あと、モスピラン顆粒水溶剤は残効性が低いみたいで、
今年9月みたいな雨の多い年だと簡単に流されてしまった可能性があります(>_<)
エルサンとフェニックスフロアブルの方が効果ありそうです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字