2015年09月12日

忙しさに感謝

2277b6d5.jpg
612739f4.jpg
65d243ad.jpg
虫、病気被害果を焼却処分。
1週間で500坩幣(;_;)

空イガは雨続きでしばらく燃やせない。。。

早生ピーク終わりと同時に中生品種の落果が始まった。

一息つく暇もない( ̄▽ ̄;)


km3921 at 16:14│Comments(3)│ │携帯から 

この記事へのコメント

1. Posted by のぶえ   2015年09月13日 16:46
すごい量 
ドラム缶にいっぱい・・・燃えるの?って
ほど詰まっていますねぇ

今年の実はカラが裂けているようなのが
目立つのですが、それも虫が居ますか?

猪は大丈夫ですか?
こちらは電柵の外は掘った跡だらけ〜
夜中に電柵外に落ちた実は全て食べられて
います、斜面部分でも同じです
ネズミの小さいのがかじったような
小さな噛み傷もみられます
電柵内で鹿の糞も・・・何してる?

昼間に2度も畑のそばで若い猪をみました・・・
2. Posted by のぶ   2015年09月14日 15:18
のぶえさん、
猪には気をつけて下さい。
若い猪のそばで、大きい親の猪がいると思われますから。
3. Posted by 松尾栗園   2015年12月21日 14:24
>のぶえさん、
今年は1トンぐらい焼却処分しました(涙)
ほとんどがモモノゴマダラメイガの被害果です。
イノシシにも結構やられましたね(;_;)
電柵しなくても1日2回収穫すれば防げるのですが、
忙しいとその時間が作れず。。。

のぶさんが言うように、
イノシシは群れでいるのでお互い気を付けましょーね。


鬼皮の裂果は早生品種によく見られますね。
裂果そのものは虫の仕業じゃないです。
でも、虫が入ることもあります。
結局、選果は必要ですね(^_^;)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字