2015年08月01日

消費カロリー増=農薬使用量激減

0cc8de5f.jpg
17690259.jpg
平面草刈り 6日間

炭そ病&モモノゴマダラメイガの第1回防除 4日間

リン酸&マグネシウム&栗作物菌活性液の葉面散布 4日間

これは僕1人の仕事。

同時進行でアルバイトの番匠さん、村上さんが斜面&樹周りの草刈りを担当。

かなり高カロリー消費の2週間です(^_^;)

うちは乗用農機がない(斜面が多くて使えない)ので、
全ての作業が栗園内を歩き回ることになります。

とにかく身体はキツイけど、
おかげでいいこともあります。

そのひとつが、
農薬使用量が必然的に激減すること。
最近はメーカー使用基準(石川県基準もいっしょ)の2割程度に抑えられています。

メーカー使用基準の量を散布しても、
実際に作物に付着するのは1〜2割と言われています。
8割以上は必要ない枝や葉にかかったり、ほとんどは土壌にぽたぽた降り注ぎます。

うちはどうせ手作業なんだから、
栗のイガ1個1個丁寧に狙い打ちしよう。
農薬を1滴も土に落とさないつもりでやろう。
そう心掛けるだけで激減しました。
作業時間倍増しちゃったけど( ̄▽ ̄;)

もうひとつ、
一昨年から低樹高栽培(樹の高さ3.5メートル)に切り替えたことも大きかった。
3メートルなら水圧低くても充分届きます。

樹が高かったり作物までの距離が遠いと、
届かせるために水圧上げないといけない。
水圧上げると農薬の吐出量が増える。
結果、作物に届くまでに無駄な農薬を撒き散らすことになります。

そういう実態を知っちゃうと、
効率悪くても今の散布方法が好きです。


km3921 at 17:49│Comments(2)│ │携帯から 

この記事へのコメント

1. Posted by のぶえ   2015年08月03日 10:28
この猛暑のなか ご苦労様です

本当に倒れそうな暑さです
そのうえ、雨が無い 夕立すらない
地面はコチコチぱさぱさ〜

そのせいかイガが茶色くなったり
落ちてしまうのが目につきます
木にも暑すぎるのでは?

2. Posted by 松尾栗園   2015年08月06日 17:10
のぶえさん、
のぶえさんも暑い中お疲れさまです(*^_^*)
さすがに日照り過ぎですねぇ・・・
うちの畑も今週になってイガの落果が目立ちます。
8月に入ると不受精果の落果が始まるとはいえ、
それだけじゃない気がします。
やはり日照りが関係しているのかな(-_-;)
灌水するなら10アールあたり10トン以上やらないと意味がないというけど、
そんな量、畑の近くに水がないと無理です。。。
明日、気休め程度の散水してきます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字