2015年05月26日

能登で栗を作る

14114609540654/25(土)の日記の続き。栗園を増やす理由。

地域貢献

事の発端は今年1月。
地元・町野町農協の職員さんから、「栗園もうひとつやる気はありませんか? 佐野(輪島市町野町)なんですけど。年末にひとり栗農家さんお亡くなりになって、誰も引き継ぐ人いないんです」と持ちかけられました。

地主さんとご遺族にも会いました。「山を荒らしたくないんです。集落にも迷惑かかるし。できたら、農地として引き継いでもらえませんか?」と頼まれました。

心の中はひとつ返事で「NO」でした。
今、3ヶ所の栗畑で本当に手一杯。どこに作業時間増やせる余裕があるのか…。今年はリフォーム、引越し、薪作りもある。
それより将来的には面積縮小したいと考えていました。


でも、一応その栗畑を見るだけ見てみようかと思った理由。


・場所が地元・輪島市町野町だから。家から車で3分!

今、僕の管理する栗園はすべて隣の能登町にあります。2ヶ所は車で12分、1ヶ所は30分かかります。往復1時間通勤なんて能登の農家にしては異例です。しかも、陽当たり条件が悪い…。


で、その地元・町野町の栗園を見た感想。

〇 東と南向きの陽当たりはいい。北と西に山林有り。
〇 栗の樹が全面に植えられている。
〇 前任者の遺品である運搬車、動噴、刈払機、チェーンソーを無償で使用できる。
〇 土地代はいらない。農地として使ってくれればいい。

✕ 半分以上の樹が衰弱していて戦力外(ほとんど剪定されずに放置)
✕ 作業環境はかなり悪い。車で奥まで入れない。平面が少なく凹凸、斜面が多い。


う〜ん、悩みました。本当に2ヶ月悩みました。
まぁ、やってみることにしました。とりあえず1年間。無理を承知で。
作業に追われる1年になりそうだけど(^_^;)


何か、最近自分の考え方が変わりつつあります。


・能登という恵まれない環境を受け入れる。
・この能登で、次世代が受け継ぎたくなる環境を作る


この2年間。丹波・湖梅園さん、小布施・平松農場さん、恵那・恵那川上屋さんという栗農家さんの畑に各2回ずつお邪魔しました。
目的は剪定を中心とした栽培技術の勉強ですが、同時に環境の素晴らしさにも目を奪われました。
広大な敷地に栗の樹が品種ごとに整列していて、剪定枝粉砕、草刈り、肥料散布などは乗用機械でできる。


それに比べて僕が引き継いだ栗園は4ヶ所とも…当初はショックのあまり、いつも作業環境の差を悲観していました。


でも、よく考えたら、丹波や小布施のあの立派な環境は、世代をまたいで長い年月をかけて苦労して作り上げてきたもの。

僕の引き継いだ4ヶ所の栗園の前任者さん達も、それぞれ30年以上、苦労して栗園を作り上げてきた。
おじいさんがこの斜面ばかりの栗園をよく投げ出さずに続けてきたなぁ。。。
やっぱり荒れ地と化すのはもったいないなぁ。いや、荒らしたらダメだ。


もう、平地を羨ましがるのはやめよう!

それでは、便利さを求めて都会に出ていくのと同じかもしれない。

もう、自分たち家族は土地も家も買って能登で一生生きていくのだから、
この能登の凸凹の農地だけは諦めて受け入れよう(笑)


地域貢献!

いつかたくさん儲かったら、お世話になった能登に恩返しを。と、漠然と考えていました。
でも、今、儲かっていなくてもこれなら僕にもできる。

地元の農地を農地として引き継ぐこと。

それだけでも町を荒らさない役割を果たせる。

さらに、環境を整備していって次世代に引き継ぐこと。
息子じゃなくてもいいんです。その時、能登で農家をやりたい人がいればいい。

最低でも陽当たり改善、イノシシ&強風対策は整えて、栗の樹が等間隔で整然と植えられた環境を僕の代で作り上げる。

これを4ヶ所の畑でやろうとしたら相当儲けないと難しい。。。


でも、今、能登の栗園を誰も引き継ごうしないのはこうした環境を整えてこなかったから。
陽が当たらず、強風で光合成を邪魔され、イノシシに食い荒らされ…本当に栗の樹が可哀想です。
もちろん収穫量が上がらないため、儲けられずに環境整備が進まない悪循環。


変えよう。

30年後、儲かる栗園という財産を残したい。


km3921 at 16:32│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by ノッペ   2015年05月27日 09:41
松尾さん、ありがとう
涙が出るくらい感動します
がんばれ〜
私もがんばるよ〜
農業に明るい未来が来るように、何かを残して去りたいからね。
2. Posted by のぶえ   2015年05月27日 13:48
素晴らしい!
すごいなぁ
大変だと思いますが体をこわさないように
3. Posted by 松尾栗園   2015年05月28日 17:45
>ノッペさん、
地元の方にそう言って頂けると、やっぱり決断してよかったと思えます(*^_^*)
ありがとうございます!
能登で生涯農家がんばりましょうね〜♪
4. Posted by 松尾栗園   2015年05月28日 17:46
>のぶえさん
ありがとうございます!
結局、能登と栗が一番好きなんです(笑)
5. Posted by 長崎のおばちゃん   2015年06月04日 01:08
5 大変でしょうけど
また大きくて美味しい焼き栗を食べられるのを楽しみに待ってます。
6. Posted by 松尾栗園   2015年06月04日 19:24
長崎のおばちゃんさま、
うわぁ〜、長崎からの声援、感激です(*^_^*)
来年冬もぜひ浜屋さん行きたいです☆
美味しく育つように農作業頑張りますね!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字