信頼される人とされない人やっと、やっと

2005年10月01日

ホントにホントの出来事

藪の奥で用を足していたら、バカでかいスズメバチが。緊張の時。

そして、俺の大事な部分に止まった。「ちょっと待て! 何で? うそだろ〜」と思いつつ心臓は高鳴る一方。アンモニアの出所をやっつけに? すぐ用は終わったのに動いたり振ったりすることもできない。

いろいろな事を考えた。もし刺されたら、その瞬間人生が大きく変わってしまう気がした。下手したら男でいられなくなる。そう思うと、なぜか今までの人生に対して後悔の気持ちが湧いてきた。とにかく、もっと生きたいと思った。

・・・10秒ぐらいで飛んでいった。とりあえず、栗拾いを再開した。後悔しないように、いつも以上に必死に探した。

 

見苦しい内容ですみません。  かずひろ



km3921 at 22:06│Comments(5)│ │栗の収穫 

この記事へのコメント

1. Posted by あい   2005年10月01日 22:46
わぁ〜〜 恐ろしい〜 
奴ら、ソコが急所だとわかっているのですよ。きっと。
兎に角、ご無事で何よりです!
2. Posted by 伸ちゃん   2005年10月02日 00:04
すごい経験したねぇ。

昔、中学校の下校途中、チャリこいでたら、なぜか向こうのほうからスズメバチが他に見向きもせず一直線に俺の方に。。。身の危険を感じ、バレーのアタックをかますように叩きました。そのまま来た方向に戻っていったけど、あれはマジ怖い。差された日には・・・

とりあえず無事で何より。今後お気をつけて。熊やイノシシはいない奥能登ですが、マムシやスズメバチなど、危険なものもまだありますのでね。
3. Posted by FURU   2005年10月03日 16:05
僕は小学生のとき、
母親が洗濯してくれたパンツの中に蜂が入っていて
知らずにそれを穿き、刺されました。
が、恥ずかしさでそれが言えずに
隠し続けました。あれは痛かった。

とにかく、無事で何より。
4. Posted by かずひろ   2005年10月03日 21:35
俺の弟もFURUとまったく同じ。
パンツの中の蜂に刺されたことある。
小6ぐらいの時。奴はわめいた。
慌てて母さんが「吸おうか?」と。
弟は拒んだ。「お母さんはいやだ!」って。
困った母さんは俺を指名した。
俺は拒んだ。
結局、母さんが吸った。
俺と弟たちは大笑い。
・・・悪いことした。
5. Posted by ようこりん   2005年10月08日 00:47
めっちゃうけるんですけどお。

大爆笑した。

蜂がとまった数秒・・・
松尾さんの表情が想像できた自分がいました。笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
信頼される人とされない人やっと、やっと