限界が見えているもの・・・恐怖の栗爆弾

2005年09月11日

ユーザー至上主義!!

栗の選別にはじめて立ち会った。

俺はひたすら拾ってくる&草刈り専門だったから。そしたら、3、4割ぐらい「商品にはできない」とはじかれてしまった。針で突いたような小さい虫食い穴、完熟に達していない証となる色の薄さ皮のシワなどが発見されたためである。素人の俺にはよ〜く目を凝らさないと判らないほど厳正な選別。

その基準は「消費者の目線」です。今までの俺は売る側の目線寄りで、どうしても量を多く採りたくて基準が甘くなってた。でも、ココ川原農産の選別は徹底して「お客様が大満足できる食品であるか」にこだわっている。生産者としての自信とプライドを貫き通しているんです。

農家の経営は非常に厳しい現代。ここ数十年、農作物の価格はほとんど変わっていない。安い輸入物がどんどん入ってきて。でも、物価は跳ね上がった。つまり、農家の利益は年々減る一方。赤字、廃業農家も大幅に増えるばかり。少しでも金になるものを増やしたいのが正直なところだと思う。

それでも、ココ川原農産の姿勢は一環してユーザー目線! 俺はスタートがココで良かった。独立しても絶対にこの姿勢は引き継ぐ!

俺は、絶対に安全でおいしい物しか販売しません!



km3921 at 22:38│Comments(0)│ │はじめてのお客様へ | 販売

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
限界が見えているもの・・・恐怖の栗爆弾