2005年09月29日

美里万彩

8b827129.jpg

毎日拾い続けている能登栗。

ついに近々商品になる! 金沢の和菓子屋さん高川栄泉堂で製造。

そこの社長さんのブログで製造過程が紹介されています。俺も一度工場見学に行った。超面白い社長さんで、いつまででも話を聞いていたいほど魅力のある方です。明るい雰囲気と徹底した品質&衛星管理が融合した職場でしたよ。

そうそう。商品の実態は蕎麦で包んだ焼き菓子で、

名前は「美里万彩」です!

JR金沢駅や大手デパートなどで販売されるのかな? もちろん、ネット販売もされると思いますんでご注目ください!

 

 



km3921 at 21:33|PermalinkComments(0)│ │販売 

2005年09月28日

朝、晩

寒くなってきたね〜。

服着よっかな。上だけでも。



km3921 at 22:27|PermalinkComments(3)

2005年09月27日

大きな栗の木の下で

225aac39.jpg一番日当たりが良く、一番大きな栗の樹。さすがに実もでかくてキレイ。嬉しくて記念撮影。

km3921 at 09:39|PermalinkComments(1)│ │栗の収穫 

2005年09月26日

最後の望み

ここ3、4日の栗収穫は散々。早生品種の“丹沢”に続いて中手品種の“伊吹”もピークを過ぎつつある。でも、今まで沈黙を守っていた晩生品種の“筑波”と“石鎚”たちが少しずつ笑って(開いて)きた。あともう少しの日光で成熟、落下となりそう。早く拾いたくてウズウズ。きっちり商品価値のある状態に育ってくれてるかな? 心の底から祈るような気持ちだ。頼む、頑張ってくれ〜栗たちよ! 

今日は午後から曇り。明日も曇り予報。・・・参った。



km3921 at 22:11|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 | 栗の品種

2005年09月25日

ヒント探し

徳成谷地の栗山と金山・栗園の違い。それはヤブカの数。上質の栗がたくさん採れる栗山では常に大量発生状態。それだけ樹木が発する二酸化炭素が多いんだと思う。金山より長くて太い樹が多いから。あと、ヤブカは水辺、湿地に集まる。てことは、金山の土は湿気が足りないってことかな? 蚊の生態を調べていけば“いい栗園”を作るヒントが見つかるかも。もっと調べてみよ!

 



km3921 at 22:33|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 

2005年09月24日

腐葉土のすさまじさ!

生きた土になるには長い年月が掛かる!
一面の草原に生えている草が、すべて枯れて土に変わるまで約1年掛かると聞きました。しかも造られる土の厚さは1mm程度だから、約30cmの生きた土ができるのに300年は掛かる。その間に風で表面の土が飛ばされたり、大雨に流されたりすると、とても300年どころの話しではなくなる。

でも、川原農産の栗山はその生きた腐葉土が30cmどころか相当深く積み重なっているようです。確かに歩いてみるとフワフワした感じがする。それもそのはず。機械や作業車は1度も入らず、手付かずの自然の山を人間の手だけで開墾した栗園だから。つまり、その山の歴史の分だけ腐葉土が積み重なってきた。栗山そのものが有機物といっても過言じゃないのでは? そう考えると、あれだけツヤのある栗が出来続けるのも納得! 

金山の栗園は・・・有機物買って土作りしないと厳しいのかな? 安く、なるべく無料で手に入る堆肥なんて・・・ないか?



2005年09月23日

宝の山

今日も金山地区栗園の収穫は少なかった。あまりにも落ちてなくて午前中に拾い終わっちゃった(いつも15:00過ぎまでかかる)。

午後からは徳成谷地地区の栗山に行っておばあちゃんたちの手伝い。少しだけしか回らなかったけど、金山とは質・量・大きさともに全然違う! ツルツルテカテカでまさに鮮やかな栗色。しかも特大サイズが至るところに。金山ではせいぜい1日で10〜20個ぐらいしか見つけられないものばかり。うらやまし〜!! 心の底からそう思えた。でも、目指すべき姿が見えた。

近いうちに金山もこの光景に!



km3921 at 22:35|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 | 栗の選別

2005年09月22日

栗の味、どうかな?

激しい雨のなか今日も栗拾い。しかし、収穫数は激減。いつもの1/3ぐらい。理由はここんとこ曇り勝ちで日光が当たってないから。あと、早生品種の“丹沢”が落ち尽くして、晩生の“筑波”がまだ落ちてない谷間の時期でもあるから。明日も雨。量は期待できないな〜。

でも、東京への差し入れが無事届いてよかった。みんなの口に合うといいな。現実を受け止めますんで、正直な感想待ってます。

 



km3921 at 21:53|PermalinkComments(6)│ │栗の収穫 | 栗を食べる

2005年09月21日

栗園

今、川原農産で管理している栗園は2箇所。ひとつは40年以上前におじいちゃんたちが山を削って開拓した2haの通称・栗山(徳成谷地)。もうひとつは、今年から遊休地となった金山地区1.5haの栗園を、川原農産が代わって管理することになったもの。

そして、僕は来年よりこの金山地区の栗園経営者になるべく1年間の研修をさせていただいてるわけです。ということで、金山の栗園に毎日ひとりで通っています。でも、明らかに栗山の実と比べてツヤがない。シワや虫食い、未熟の実も多い。だから、商品として高川栄泉堂様に送られるのはほとんど徳成谷地・栗山で採れたもの。・・・悔しい。

でも、敗因ははっきりしている。川原農産で金山の栗園を引き継いだのは今年春。つまり、晩秋から冬にかけての剪定が間に合わなかったのです。剪定ができないと日当たりが悪くなる。特に栗は日光で成熟していく生物だから。個人的には、あえて悪い見本を目の当たりにできて良かった。剪定、土作り、防除の大切さが身にしみて体験できたから。

絶対、来年以降はツヤツヤピカピカの栗でいっぱいにしてやる!

申し訳ないけど、今日、東京の友だちに送った差し入れは俺が拾った金山の栗。商品として出荷する最上級品とは言えないもの。年々リベンジ品を作っていくから、今年はこれで許して! もし、小さな穴や黒い斑点を見つけたら、虫食いor病気の可能性があるので捨ててください。その他、栗の扱いの参考に→栗の保存、調理法ほか



2005年09月20日

「違いの分かる男」を目指そ!

ピカピカでみずみずしくて鬼皮がパンパンに張った上質の能登栗

対して、カサカサしてて鬼皮がしぼんだ商品規格外の栗。

毎日ひとりで栗拾いを続けてるうちに、規格外の栗ばかり落ちる場所や木があることに気付いた。これは木か土壌に問題があるはず! 拾うことが一番だけど、来年のために改善必要な場所、木をはっきりさせておこう。

栗は、落ちてから日数が経つとツヤとみずみずしさがなくなってくる。落ちた日こそ最高の“旬”の商品。だから、1個も拾い逃すまいと腰かがめて下ばかり見てた。明日から木や土の違いも気にしてみよ。俺には何も分からないと思うけど、何か違いを見つけたい。来年以降はいい実ばかりなる栗園に育てたいから!



km3921 at 22:36|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 | 栗の選別

2005年09月19日

ただいま勉強中!

e565da66.jpg

クリの花言葉 → 真心・公平・豪華・満足  だって。

一貫性ねぇな〜。どれか当てはまればいいんだと思う。

ちなみに、「大きな栗の木の下で」はイギリス民謡だって。

それと、栗の栄養価について → ビタミンB1ビタミンCがもっとも多く含まれる。栗のビタミンCは熱に強いので、加熱しても損失が少ないのが特徴。他にも、成長促進美容に効果があるビタミンDや、カルシウムカリウム鉄分など。くりの渋皮(内側の薄い皮)に含まれているタンニンは抗酸化作用があり、ガンの予防に有効と言われてます。

俺はおやつ感覚でしか食べてなかったけど、結構な栄養食品だったんだよ! 早速、栗ごはん炊いた。いただきます!



2005年09月18日

栗の品種

長州力のマネする時は舌をなるべく使わないで声を出す。結構上手くできる。

さて、最近の栗園は早生栗の“丹沢”が少なくなってきて、中生栗の“伊吹”が落ちてきた。晩生栗の“筑波”はもう1週間ぐらい後かな。って偉そうに言ってるけど、俺にはさっぱり見分けが付けられません。おじいちゃん&おばあちゃん情報です。もっと勉強します。



km3921 at 22:54|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 | 栗の品種

2005年09月17日

太陽の力

京都外大西高校の1年生・本田投手。投球フォームを真似してみた。結構しっくりくる!

さて、昨日で栗園の草刈りケリついた。ので、今後は栗拾いの終わる15:30あたりから他現場へ移動。今日は約2週間ぶりに稲刈りの補助。ちょっとだけ4tトラックの運搬もした。6年ぶりの4t車。すっかり感覚を忘れてる。でかくて長くて緊張した。おかげで、その後の2t車が楽に感じた。

各現場へ作業機器、資材、収穫物を運搬するのも大事な仕事。トラックの扱いも早く上手くなりたいな。

あっ、そうだ。今日の栗情報。昨日から日差し強かったせいかな? 大きさ、ツヤともに惚れ惚れするような立派な栗がかなり採れた! 久々にうれしいぞ!

 



km3921 at 22:29|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 

2005年09月16日

勉強会

おじいちゃんに川原農産・栗園の歴史を聞いた。上質の栗を作る秘訣がまた少し分かってきた。特に冬の剪定を怠ると、必然的に日の当たらない箇所ができる。すると、いい実がならないし、無駄に栄養分が分散すると。来年に向けての解決法が見えてスッキリ! 土壌作り、防除についても何かいい方法はないかな?

km3921 at 22:51|PermalinkComments(0)│ │栗の剪定 

2005年09月15日

能登栗!

今日の能登栗収穫は4袋。午前、午後と2袋ずつ。落ちてる栗を全部持ち帰ってたら確実に10袋以上になる。半分以上は商品にできるレベルじゃないので、そのまま土に埋めるか捨ててきます。

川原農産でおばあちゃん、伸ちゃんが選別したモノこそ最高級の能登栗! サッと塩茹でしたものをいただいたけど、今まで食べた栗の中で一番ウマイ!! 採れたては甘さも格別だ。1個1個がバカでかいから、ボリューム感あるのもうれしい。早く自分で栗園管理できるようになって、もっと世に広めたい。そう思える味だ。

しかし、どうやったら自分の農園増やせるんだろ? そのために資金、資材費もかなり必要。そろそろアルバイト始めないと。ホントは専業農家でやっていきたい。でも、今の自分は未経験の研修生。残業すると人件費の負担を増やしてしまう。しばらくは兼業農家として、副業で収入を増やさねば! 



km3921 at 21:57|PermalinkComments(3)│ │栗の収穫 | 栗を食べる

2005年09月14日

全部が宝だったらいい・・・

さっき、家を出てすぐタヌキが車の前を横切った。北海道でも石川に来てからも初目撃。キツネは何度か見たけど。今朝は玄関のドアを開けたら、でっかいサギが家の庭に(びっくりしすぎて鳥肌立った)。栗園では毎日のようにヘビいるし。まさに野生動物と共存している町です。

さて、栗拾い(宝探し)も順調! 初日は袋半分(1袋いっぱいで30kgぐらいかな?)ぐらいだったけど、今日は3袋いっぱい。それでも半分ぐらいは選別時に商品規格外となってしまう。拾ってる時も見た目おかしかったり、ツヤがないものが目立つ。虫食いやしぼみがあるものは持ち帰りさえしないけど。こんなに落ちてるのにもったいなさすぎる

この冬以降は土づくり、剪定、防除などをしっかり勉強&実践する! 俺の愛情めちゃめちゃ注いで、木と一緒に成長する。そして、来年は自信を持って出せる商品をどんと増やしてやる!



km3921 at 21:19|PermalinkComments(2)│ │栗の収穫 

2005年09月13日

出会い

いつものように栗拾いの作業中、来客が。近所で栗園を経営されてる、確かナガタニさんていうおじいちゃん。能登栗を作っている人が石川に約120人いること。農協の買い取り価格が絶望的に安い現状、いい実がならない木は植え替えた方がいいことなどを教えてくれた。同業者の方との出会いはいい刺激になる。

km3921 at 22:12|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 | 販売

2005年09月12日

恐怖の栗爆弾

俺の農作業にかかせないもの。頭にかぶる日除け笠。

おじいちゃんたちのかぶる物と思ってはじめは恥ずかしかった。でも、日差し、雨、もみ殻、栗爆弾などいろいろな物から身を守ってくれる。特に、今日は栗爆弾から2回。栗爆弾とは、木から落下してくるイガのこと。ガサッと音がしたと思ったときには頭にズドン! 笠かぶってなかったら頭直撃です。一度足に当たったことあったけど、かなり痛いぞ。30分ぐらいヒリヒリする。だから、笠かぶってて大正解。でも、ちょっとズレたら背中に。・・・恐怖。

あ、それと久々にマムシ発見。すぐ見逃してしまった。捕まえたかったな〜!! 



km3921 at 21:14|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 

2005年09月11日

ユーザー至上主義!!

栗の選別にはじめて立ち会った。

俺はひたすら拾ってくる&草刈り専門だったから。そしたら、3、4割ぐらい「商品にはできない」とはじかれてしまった。針で突いたような小さい虫食い穴、完熟に達していない証となる色の薄さ皮のシワなどが発見されたためである。素人の俺にはよ〜く目を凝らさないと判らないほど厳正な選別。

その基準は「消費者の目線」です。今までの俺は売る側の目線寄りで、どうしても量を多く採りたくて基準が甘くなってた。でも、ココ川原農産の選別は徹底して「お客様が大満足できる食品であるか」にこだわっている。生産者としての自信とプライドを貫き通しているんです。

農家の経営は非常に厳しい現代。ここ数十年、農作物の価格はほとんど変わっていない。安い輸入物がどんどん入ってきて。でも、物価は跳ね上がった。つまり、農家の利益は年々減る一方。赤字、廃業農家も大幅に増えるばかり。少しでも金になるものを増やしたいのが正直なところだと思う。

それでも、ココ川原農産の姿勢は一環してユーザー目線! 俺はスタートがココで良かった。独立しても絶対にこの姿勢は引き継ぐ!

俺は、絶対に安全でおいしい物しか販売しません!



2005年09月10日

限界が見えているもの・・・

一昨日より昨日、そして今日と落ちる栗の量は日に日に増えてます。嬉しいね!

でも、栗の数も収穫時期も限られている。・・・いつか減っていくのが怖い。

漁師は年中収穫時期。ほぼ毎日が金になる仕事。

農家は年に1、2回ぐらい。今の収穫だけで1年の生活費が決まる。だから、まず無事に収穫できてる喜びとともに1日1日がすげぇ大切に感じる。

明日も宝探しがんばろ!



km3921 at 21:23|PermalinkComments(1)│ │栗の収穫 

2005年09月09日

栗は俺が守る! 食べるけど。

今日はひとりで栗園の収穫&草刈り。

ひとりで任せてもらえることが嬉しくていつも以上に気合が入った。

しかし、拾った栗がかなり虫に食われてて・・・ショック。こおろぎ、あり、小さいミミズみたいなetc。放っておけばすぐやられちゃうんだと実感した。実際、上見ても下見ても常に虫だらけの場所だから。毎日地道に救出してやれるのが一番いいんだけど。栗園に行けたときは絶対に拾い残しがないように隅々まで細かくチェックします!

あと不審者も発見。若めの男2人組。俺の姿見たら慌てて逃げてった。盗っ人だったら許さん! 

 

 



km3921 at 22:18|PermalinkComments(0)│ │栗の収穫 

2005年09月08日

まぶしい!!

初めての栗拾い! 

ずーっと楽しみにしてました。しかし、開始から10分以上たっても1個も見つけられない。マジで焦って、必死に地面をかきわけてみたけどダメ。視力が悪いから? ・・・いえ、どうやら違う品種ばかりを探してたんです。

今の時期落ちているのは早熟の“丹沢”という品種みたいで。伸ちゃんに教えてもらい、“丹沢”だけに絞って探せばいいことを初めて知りました。やっていくうちにイガの開き方、栗の取り出し方(足のつま先で押さえながら蹴り出すorほじくり出す)もだんだんコツをつかめてきた。

超楽しい! まさに宝探しです! 1個1個が自分たちの貴重な生活費だから当たり前なんだけど。栗の実は本当に宝のようにピカピカ!

これから1個も見逃さず、より早く。栗拾いの達人を目指そ! 



km3921 at 22:04|PermalinkComments(3)│ │栗の収穫 

2005年09月07日

はい、裁判官殿。私に間違いありません。

773c85a6.JPG

お休みをいただきました。台風の中、輪島の検察庁へ行くため。5月に北海道でスピード違反で捕まっちゃって。北海道で取調べ、愛知県で免停講習、石川で書類裁判。もう、おとなしく運転します。

せっかくなので、はじめて輪島観光ドライブしてきました。100円ショップ・ダイソーや大型ショッピングセンター・ワイプラザを見つけた。レンタルCD、DVDも隣接されたたし、これから何回か通うことになりそうだ! 千枚田(1004枚のミニ水田地帯)も見てきた。海岸沿いに田んぼというミスマッチは不思議な光景ですね。台風真っ只中だったので、写真撮ってすぐ車に戻ったけど。

それにしても、輪島は漁村、農村、城下町が同化してるような面白い街並みだ。また、ゆっくり探索してみよ! 



km3921 at 22:45|PermalinkComments(3)

2005年09月06日

瀬尾くん、みかりん。直太郎の子育て頑張れ〜!!

暴風域ちょっと逸れそう。頼むから農作物、圃場には何もしないでくれ。俺は何されてもいいから。

マジでそういう気分。1年の生活費がかかってるから当然なんだ。

話変わるけど、ひとり田んぼで土ならししてた時の出来事。小学生の男子に「こんにちは!」とハッキリ大きな声で挨拶された。なんでこんな田んぼ地帯に小学生!? って驚きつつも同じテンションで「こんにちは!」と返した。それだけなんだけど、すげぇ清々しい気分を味わった。見ず知らずの大人に小学生の方から挨拶してくるなんて愛知、東京では考えられないこと。立派だなぁ、よく教育されてるなぁと思わず感心してしまった。

テレビとかでも子どもが頑張ってる姿を見るとマジ感心してしまう。・・・そういう歳になってしまったというショックも多少アリ。友だちの子どもも何人か小学生だし。何年後か思春期以降からホントに苦労するんだろうな〜。まず思い通りには育たないし。教育放棄したくなること続々と起きて。

それでも逃げずに向き合い続けた親を見るとこれも感心、イヤ尊敬します。

ちなみに、俺の携帯の待受は東京の友だち、瀬尾くんとみかりんの赤ちゃん・直太郎(7月20日誕生)の写真。人様の子どもはめちゃくちゃ可愛い!



km3921 at 22:50|PermalinkComments(3)

2005年09月05日

甘酸っぱさがクセになる“つがる”

はじめてのリンゴ収穫 俺の大好物! 台風直撃に備えて早めに摘み取りすることに。

今日採ってきたのはもっとも収穫の早い“つがる”という品種。三脚に登りながらひとつひとつ手で摘み取ります。俺は昔から高所作業が大好きで、今までで一番楽しい仕事でした。枝にぶら下がっている状態のリンゴを、その枝の上にクイッと裏返せば簡単に採れてしまうのです。だから、これは台風で振り回される前に摘み取るべきだと納得! 

熟しているものほど本当に軽く採れ、ちょっと小さかったり、まだ青いものは数回ひねったりしないと採れません。そういう未熟状態のものは残してきました。しかし、台風で他の品種などと一緒に飛ばされたり落とされたりする可能性も。どうやら明後日直撃しそうだし。明日も摘み取っておきたいな! 栗も心配だ・・・。



km3921 at 22:10|PermalinkComments(1)│ │りんご 

2005年09月04日

繊細な生産者と適当な料理人

朝から大雨ってことで、川原農産ライスセンターで作業。

乾燥、籾摺り、選別が終わった玄米を袋詰めしました。乾燥機が5台、選別機は2台使用してます。早朝から夜遅くまでお父さん、お母さん、伸ちゃんたちが事細かく機械、そして米の状態をチェックし続けています。

だから、袋詰めする時の玄米は本当に美しい! もちろん、籾や小米などの異物は見当たらない。今まで当たり前に買ってた米だけど、それまでに生産農家さんが根気強く検査されている実態をはじめて目の当たりにしました。常に消費者目線を意識したプロの仕事!

そして、俺はその 川原農産のお米 を毎日いただいてます。従業員ということで特別ご厚意で。おばあちゃんにも採れたて野菜もらったり。

最高の特権! 

ただ、俺の料理は生産者に申し訳ないぐらい大雑把! 2度と作れない適当なモノばかり作ってます。 意外とうまいけどね。



km3921 at 22:13|PermalinkComments(1)│ │お米 

2005年09月03日

田んぼの主役

62d6fc4e.jpg連日稲刈り。コンバインを巧みに操る伸ちゃんです。脇役の俺は手鎌と籾収納が主な役目。しかし、飛び散る籾カスが服や体に刺さりまくり。一日中アブに刺されてるみたいにチクチクチクチク(>_<)。…何とか我慢しよ!

km3921 at 20:41|PermalinkComments(0)

2005年09月02日

赤マムシ!

はじめてマムシ見た。50cmぐらいの赤マムシ。茶色のくせに。

刈り取った後の水稲にいたそうで。ヘビかと思ってたら、虫なんだって。お腹の両脇にムカデみたいな無数の足もあった。噛まれたらすぐ病院に行かないと死ぬこともあると。

俺は土の上でマムシの姿見つける自信ないな! メガネかけても視力0.8だし。



km3921 at 21:40|PermalinkComments(3)│ │お米 

2005年09月01日

栗のトリビア(俺だけ?)

栗山の草刈り終了!

これで栗が落ちてきても見えるようになった。

俺、栗はイガごと落ちてくるって思ってて、おばあちゃんに「これ拾うの痛いですよね?」「栗拾いはかなり厚手の手袋はめるの?」「何かはさむ物使うんですか?」とか聞いてた。そしたら、イガが開いて栗だけ落ちてくるんだって。

相当でかい(野球ボールぐらい)イガを見つけて「こんなでかい栗見たことないですよ。おにぎりみたいの出てくるんじゃないですか?」とも聞いてみた。実際は、イガの中に2、3個入ってるんだって。

へぇ〜!! 毎日がトリビアです。



km3921 at 21:58|PermalinkComments(1)│ │栗の収穫 

2005年08月31日

スーパーおばあちゃん’Z

d69d60c6.jpg

川原家のおばあちゃんと親戚のおばあちゃん(おじいちゃんのお姉さん)二人に囲まれて栗園の草刈り。俺は肩掛け用の草刈り機を使ってますが、おばあちゃん’Zは鎌で手作業。1日中腰を屈めて、機械に負けないスピードで。山道歩くだけでも足ガクガクになるのに。

それでも俺には笑顔で休憩を勧めるんだから、ホント頭が下がります。

そして、18:00過ぎに川原家へ戻るとお母さんが「ご苦労様でしたね。良かったら先にお風呂入って、ゆっくり休んでくだ」ってこちらも素敵な笑顔。ちなみに、お父さん、伸ちゃんともに仕事終わったのは21:00過ぎ。お母さんはそれから家事が・・・。でも、怒ったり不機嫌な様子を全く見たことがありません。

人として心から尊敬します! 

怒ることは基本的に人を嫌な(暗い)気分にさせる。時には精神的に深く傷つけます。だから、自分も怒りを覚えたときに「人を嫌な気分にさせなきゃならないほどの事?」って自問自答するよう心がけてるつもり。同じ事を言われたり、見たり、されたりしても笑顔で応対できる人とすぐ感情的に怒る人。いつも前者の方でありたいな。

そういう意味でも農家の職場環境は大好き! 

楽しい気持ちで仕事させてくれます 

 

 



km3921 at 21:49|PermalinkComments(3)│ │栗園・その他 

2005年08月30日

PRIDE!!

23e6d0e2.jpg

今日も栗園の農薬散布。放っといたら害虫が栗の中に卵を産みつけ、食品にはならない。必要不可欠な作業だそうです。そうやって40年も続いてるのだから、人間の体には害がない薬とやり方には間違いないはず! 無農薬栽培でも人的被害は発生しているし、何がいいのか正直分からない。ネットで調べても情報が錯乱状態で。今のうちに勉強したいのだけど、何かいい方法はないかな?

さて、今日は19:00からPRIDEグランプリのTV放送! (ヒョードルVSミルコの結果は知ってしまった・・・)なので、今日はこれで帰宅します。去年までは何回か生観戦してたけど、田舎暮らしに変わって難しくなっちゃったな。やっちゃん、見に行ったのかな? 



km3921 at 18:16|PermalinkComments(2)│ │栗の害虫駆除 

2005年08月29日

田舎

今日、はじめて川原農産伝統の栗園で作業(害虫駆除)。杉、竹が立ち並ぶ山道を10分ほど歩いてやっと着きます。しかし、杉、竹の高さと太さには圧倒された(もちろん栗の木も)。木漏れ日も最高に気持ちいい!

もともと自然そのままの山を、約40年前におじいちゃん、おばあちゃんたちが切り開いて作った栗園。道路、通路などはなく、まさに山の中での労働。

この町野町近辺は商業的、工業的発展がほとんどない(適さない)ため、人的害も少なく生物を育てるにはホント素晴らしい環境。また、ここはスーパーじいちゃん、ばあちゃんたちの町(虫もハンパなく多いけど)。70、80超えてるのに超元気な方々がいっぱい。田舎の作物、生活こそが健康に最適なんでしょうね。

俺はあんまり長生きに興味ないんです。生命線短いし。

 



2005年08月27日

険しいぞ〜!

04d4e2c6.JPG

石川県に来て3週間。

ついに満天の星空! この感動を東京、名古屋の友だちにも見せたいと思いデジカメ撮影。しかし、まったく写らず。やっぱり超望遠じゃないとダメみたい。

変わりに伸ちゃんのサービスショットで。朝撮影のため、寝癖で後頭部が絶壁(笑)。その写真消すように言われてたけど、アップしちゃいます!



km3921 at 22:21|PermalinkComments(1)

2005年08月26日

屠殺

伸ちゃんの友だちが経営している牧場に寄りました。

初めて牛を至近距離で見た。バカでけぇ!体も鳴き声も。

鳴きわめいているのは4、5頭。

その牛たちは昨日、子供が食肉牛として売られていったばかりの母牛。少なくても5日間ぐらいはひたすら鳴き続けるそうです。

生まれて1年で人工授精され、出産して数ヶ月で子供は売られ、また人工授精、出産。その繰り返し。

俺、牛肉大好きです。これからも死ぬまで食べ続けます。だから、可哀想なんて無責任に言える権利は全くありません。2ヶ月前までは漁師として、タコやいろんな魚介類を毎日獲り(殺し)まくってたわけだし。

マックやファミレスの飲食店をはじめ各家庭でも、日本中で年間何万トンもの牛肉が残飯、未使用で廃棄されているそうで。

人間は、食べる物も、一緒に子供を作る相手も自分の好みで選べる。

俺たち、本当に超ぜいたくな生き物なんだね。

 



km3921 at 22:48|PermalinkComments(4)

2005年08月25日

選曲ミス!

終日、水稲の草刈り。

地味な重労働。

おばあちゃん、お母さんは休憩もとらずに刈りまくってる。気付くと俺の倍以上の速さで。当然、俺より暑くて腰も痛いはず。なのに、俺には「あんちゃん、休みながらやり〜よ」って優しい笑顔で。

俺、下手なくせにのんびりバラードなんか(主にオレンジレンジ・ラブパレードを)歌いながら・・・ごめんなさい。

明日はもっとアップテンポの曲にして、おばあちゃん、お母さんの負担を軽くします!

おっ、もうすぐ10時。電車男見るため、今日はもう帰宅します。家には電話回線きてないので、PCは川原家で触らせてもらってるんです。



km3921 at 21:54|PermalinkComments(1)│ │お米 

2005年08月24日

宝物!!

遅ればせながら、昨日のことを。

金沢でデジカメ講習会に参加。

俺、出版社に4年勤めてたくせに、カメラは素人以下レベル。ライター時代も撮影はすべてカメラマンまかせだったし。

だから、昨日ははじめての発見ばかり。ズームやホワイトバランスの調整次第でまったくの別物に見える・・・。今さらながらカメラに興味が湧いてきた!

1ヶ月前に原秀則「部屋へおいでよ」というコミックを読んで、人物写真撮りたいな〜と思ってたとこだったし。その人の“今の心”が素直に現れる写真。いつか撮りたいな。

余談だけど、実は俺の写真集があるんだ。1冊だけ(非売品)。

東京から北海道へ発つ時に、編集者とカメラマンの友だちがプレゼントしてくれた。俺の大好きな仲間もいっぱい写ってる。一生の宝物!

 

 

 



km3921 at 21:56|PermalinkComments(5)

2005年08月22日

楽しみ

高校野球終わっちゃった。

毎年のことだけど寂しい。

俺、もうずっと野球、フットサルやってないな〜。

この近所でフットサル行われてるようだと聞いた。

今度、見物してみよ!

 



km3921 at 21:42|PermalinkComments(4)

2005年08月20日

交配

りんご園の草刈り終了!

しかし、先週刈った所には10cm前後の新しい雑草が。

しっかり根元から刈り取ってなかった僕のせいです。

すみません・・・。

今日はかなり地面むき出しの状態まで刈れたはず。

 

りんごもだいぶ赤みがかった物もありました。

お父さんと専務いわく“祝”という一番収穫が早い品種。

しかし、この“祝”は受粉樹専用で商品ではないんだって。

果樹は1つの品種だけでは質のいいものができないそう。

様々な品種を一緒に育てることで交配を繰り返し、質も味もいいものが育つみたいです。

交配(風や虫による自然受粉)はしても、果樹は常に同品種の特性を持つ種ができる。

例えば“フジ”の木に、“祝”が受粉してきても“フジ”がちゃんと育つようです。

この原理で、栗園にも3品種あると初めて知った。

 

物知りになると、 どんどん仕事が面白くなってくる!



km3921 at 18:53|PermalinkComments(4)│ │りんご 

2005年08月19日

自給自足って素晴らしい

おばあちゃんにいただいたトマト、なす、ししとうに鶏肉を入れて煮込みを作ってみた。俺、味付けは醤油、みりん、酒しか知らなかったからイタリアン初挑戦。

超うめぇ〜!!

鶏肉以外は米も含めて全て川原家からの頂き物。

有り難き幸せです!

俺も来年から家庭菜園やろ! 長いもとトマトとキャベツは絶対作る。



km3921 at 21:43|PermalinkComments(0)

2005年08月18日

頼む! 元気に育ってくれ!

栗園にサプリメント初体験!糞、尿成分を含んだ粉剤を撒くんです。それが雨で溶けて、土壌に栄養を与えるそうで。だからホント気合が入った。というか、俺、農業楽しい!1年に1度の収穫しかないから、何するにもすげぇドキドキワクワク(死語だよね?)する。だからこそ、知識も技術もプロにならないと、質も量も満足できる作物育てられないと実感してきた。今までと違って、従業員としての転職ではなく、今は自立経営を現実として目指してる立場。やらされてる感は全くなく、自発的に仕事に臨めているんじゃないかな?川原家のみなさんも、初心者に対してイライラせず、思い通りにならなくても怒らずに接してくれます。それが一番嬉しい。俺、理不尽に怒られたり強要されるのがホント苦手で・・・。 早速、昼から恵みの雨!元気になってくれよ、栗の木たち!

km3921 at 21:21|PermalinkComments(1)│ │栗園・その他